Yinyang AMBASSADORS

SANDRA FANG サンドラ・ファン
ヨガアライアンス E-RYT500
YACEPヨガアライアンス継続教育プロバイダー
RPYT85マタニティヨガ取得講師

このところ4歳の息子が生と死の概念について興味をみせるようになりました。

「ママ、みんな死ぬの?」

「うん、そうだよ。」私は答えました。

「パパも死ぬ?」

「うん、いつか死ぬよ。」

「ママも?」

「うん、いつか死ぬわ。」

「僕も死ぬの?」

「ええ、いつかみんな死ぬわ。」

「どうして死ぬの?」

私は少し考えましたが、十分な良い答えが見つからず、「歳を取れば、体が使い込まれていって、そして死ぬんだよ。毎秒赤ちゃんが産まれついて、だから年老いた人達は死んでいくの。」と答えました。

「そっか。」彼は納得し理解したようでした。

「でも健康でいるようにして、死ぬのが早くなりすぎないようにすることができるよ。」と付け足しました。

「わかった。」と彼は頷きました。

最近私は日本の物語の本を読みました。「100万回生きた猫」です。
昔々、100万回生きた立派なトラネコがいました。彼は王様の飼う猫、サーカスの猫、泥棒の飼う猫、おばあさんの飼う猫、少女の飼う猫、と様々な生を経験し、そのリストは尽きることがありませんでした。

その猫の飼い主たちはその猫が死ぬ度、100万回泣きました。
ですがその猫自身は1度も泣いたことがありませんでした。

なぜなら彼は1度も自分が誰かのものだと思ったことがなかったからです。彼はどの飼い主も好きではありませんでした。彼が唯一愛するのは彼自身のみでした。今度の人生では彼は野良猫でした。彼はうろつき回っては他の猫に100万回死に、100万回生き返ったことを自慢していました。

ある日このトラネコは白猫に出逢いました。彼は恋に落ち、2匹の元にはたくさんの子猫が産まれました。このとても傲慢なトラネコは100万回生き返ったことを自慢することはもうありませんでした。なぜなら彼は今や自分自身以上に愛する存在を見つけたからです。

2匹の猫は年老い、ある日白猫が死にました。トラネコは生まれて初めて泣きました。来る朝も来る夜も、彼は100万回泣きました。

その後、彼も死にました。そして生き返ることはありませんでした。なんて深いお話でしょう!

猫が死んだというのはすごく悲しい話に聞こえます。ですが、本のエンディングはとても平和で穏やかです。

もし死が全ての人の最終的なゴールであるなら、愛とは間違いなく私たちの生に違いをもたらす事象でしょう。

私は家族を持ち、ヨガの指導者としてキャリアを積むために腰を据える10年前まで、

20代と30代の前半の多くの時間を、自分が生きたい道を探すために世界を旅して過ごしました。今も時々旅が恋しくなります。ですが、今が1番幸せだと感じます。

人生をかけて発展させる価値のある仕事を持ち、愛する家族を持っている。なんて幸いなことでしょう。

全ての人がこのトラネコのように家族を持つ必要はないと思います。有意義な人生のイメージが何であれ、自分の望む人生を追求することは満ち足りた喜びをもたらしてくれます。そしてその旅において、自分のすることを愛し、周りの人を想いやることは欠かせないものとなります。

今は朝の6時20分で、家族が起きてくる前にこれを書いています。陽の光が窓からリビングに差し込んでいます。今日もまた忙しい1日になるでしょう。そして今日も私はそれを楽しみます。

Recently my 4-year-old son started to show his curiosity in the concept of life and death.

“Mommy, does everyone die?”

“Yes, my dear.” I answer.

“Daddy will die?”

“Yes, one day he will die.”

“You will die?”

“Yes, one day I will die.”

“I will die, too?”

“Yes, one day we will all die.”

“Why do we die?”

I thought for a while, but couldn't find a good enough answer, I said, “Because when we get old, the body wears out, then we will die. There are babies being born every second, so old people will die.”

“Oh.” He seemed convinced and understood. I added one line, “But we can try to keep ourselves healthy so we don’t die too early.” “Okay.” He nodded. Recently I read a Japanese story book, The Cat Who Has Lived One Million Times.

Once upon a time, there was an almighty tabby cat that had lived a million times. In different lives, he had been the cat of a king, a circus cat, a cat of a burglar, a cat of an old lady, a cat of a little girl, the list goes on and on.For a million times, the owners of the cat cried when the cat died.

But the cat has never cried once.

Because he never thought that he belonged to anyone. He did not like any of his owners. The only thing he loved was himself.

In this life, he is a stray cat. He goes around and brags to other cats about having died a million times and reborn a million times.

One day this tabby cat met a white cat. He fell in love with her, and together they have many cute kittens. This once very arrogant tabby cat no longer brags about having been reborn one million times, because now he has found someone that he loves more than he loves himself.

The two cats grew old. One day, the white cat died. The tabby cat cried for the very first time. Day and night, day and night, he cried one million times.

After that, he died as well. And he did not reborn again.

What a deep story!

The cat dying sounds like a very sad story, but ironically, the ending of the book is so peaceful.

If dying is everyone’s goal eventually, then love must be the thing that makes a difference in our lives.

I have spent a lot of my time traveling the world in my 20s and early 30s to search for the life I wanted to live, until 10 years ago I settled down to have a family and to develop my career as a yoga teacher. I still do miss traveling sometimes, but I feel the happiest now.

What a blessing for me to have a family that I love and a career that’s worth my whole life developing.

I don’t think everyone needs to have a family like the tabby cat. Whatever our image of a meaningful life is, pursuing the life we want brings us so much satisfaction. And in that journey, loving whatever we do and being compassionate for people around us are indispensable.

It’s 6:20am now as I’m writing this before my family wakes up. The sunshine penetrates through the windows into the living room. It’s going to be another busy day, but I know I will enjoy it.

英語:Sandra Fang
日本語通訳:HIDEMI
 

着用ウェア