Self-Compassion  自分への思いやり

YinYang アンバサダー

Looking back the past two months, my schedule was packed with teaching teacher training in Osaka and then workshops in Sapporo. Work has been busy but really rewarding. Now back from Hokkaido, finally I have some time to relax and chill, but I’ve also caught a little cold, nothing serious, just a cold and losing my voice.

この二ヶ月を振り返ってみると、私のスケジュールは大阪でのティーチャートレーニングの指導と札幌でのワークショップで詰まっていました。とても忙しかったですが実りの多いものでした。北海道から戻り、ようやくリラックスして落ち着く時間ができたところで、軽い風邪をひきました。大したことはなく、ただの風邪で、声が枯れてしまいました。


<photo : Sandra in Hokkaido, July 2021>

Many people see yoga teachers as the symbol of health. Yoga teachers always look like they are in control of their good health, and have achieved the perfect state of work-life balance.

多くの人はヨガの先生を健康の象徴として見ます。ヨガの先生はいつも体調管理を万全にしていて、仕事とプライベートの完璧なバランスを成し遂げているように見られます。

As for myself, the fact is, I’m constantly losing that balance and striving to rebalance.

私はといえば、絶えずそのバランスを崩しては、取り戻そうともがいています。

Sometimes I just all of a sudden realize that I’m too busy with work and taking care of the family. Sleep and rest are something that get sacrificed. Especially when life gets a bit out of balance, that’s when I find yoga the most valuable.

時々、突然、仕事と家族のケアに忙しすぎることに気付きます。睡眠と休養は時にその犠牲となります。日々のバランスが少し崩れた時には特に、ヨガが最も貴重で役立つものだと知らされます。

Like myself, many people live a very busy lifestyle. We juggle our time among work, family, and ourselves. And this “self” is often on the lowest priority. Think about how much time you spend each day to take care of yourself?

私と同じように、たくさんの人が忙しい日常を送っています。仕事、家族、自分自身。その中で時間をなんとかやりくりしています。そしてこの「自身」が度々優先順位が最も低いものとなります。毎日、「自身」のケアにどれだけ時間を使っているでしょう?

That’s why I think self-love or self-compassion is one of the most important lessons that yoga has taught me.

私にとって、自分への愛、自分への思いやり、ということがヨガがくれた教えの中で最も大切なものの一つである理由がこれです。

What is self-love or self-compassion? This concept used to sound very cheesy to me and its meaning was really vague. Recently I read a book, Self-Compassion by Kristin Neff, I finally understand this concept a little bit better.

自分への愛、自分への思いやりとはなんでしょう?この概念は私にとってとても陳腐に聞こえ、その意味もとてもあやふやに感じるものでした。ですが最近クリスティーン・ネフの「セルフ・コンパッション」を読み、ようやくこの概念について少し理解が深まりました。

According to Kristin Neff, self-compassion has 3 components, being kind to ourselves, common humanity, and mindfulness.

クリスティーン・ネフによるとセルフ・コンパッション(自分への思いやり)には三つの構成要素があります。自分自身に優しくあること、人間性、そしてマインドフルネスの三要素です。

The first component is relatively easy to understand. Being kind to ourselves, like taking a comfortable hot bath, going to a yoga class, stopping negative self-talk, so do whatever makes us happy.

一つ目の要素は比較的わかりやすいものでしょう。自分自身に優しくする、例えば心地よく温かい湯に浸かる、ヨガクラスに行く、ネガティブな独り言をやめる。つまり自分自身を幸せにすることなんでも、それをすること。

For myself, I like to buy myself some flowers, spend a quiet time at a nice cafe alone to read a good book, or ask some good friends out for lunch.

私の場合は自分に花を買うこと、いい本を読むために素敵なカフェで静かな時間を過ごすこと、仲のいい友達をランチに誘うこと、がそれにあたります。

The second component of self-compassion, common humanity, means realizing that all humans suffer. Sometimes when we get sick, when things are not going our way, we tend to fall into the negative thinking, “why me?”. Common humanity means to realize that suffering and personal inadequacy is part of the shared human experience.

自分への思いやりの二つ目の構成要素、「人間性」とは全ての人が苦しみを持っていることへの気付きを意味します。病気になった時、思ったように事が進まなかった時、時に私たちは「どうして私が?」とネガティブな思考に陥る事があります。
「人間性」とは、苦しみや不十分さは全ての人間の共通の経験である、と知ることを意味します。

This reminds me of the concept of wabi-sabi. Wabi-sabi means seeing beauty in things that are imperfect and impermanent. The more I see my own weaknesses, the more I can relate to people who have the same struggle. And the more I can accept my own weaknesses, the more compassion I have for others as well.

これは私に侘び寂びの概念を思い起こさせました。侘び寂びとは不完全であったり非永久的なものに美を見出すことを意味します。自分の弱さを知るほどに、自分と同じように苦心している人の気持ちがより分かるようになります。そして自分の弱さを受け入れるほどに、より他の人への思いやりも持つようになります。

The last one is mindfulness. This is such a powerful tool to recognize every little joy in our everyday life, and a way to see our negative emotions from a non-judgmental perspective.

最後の構成要素はマインドフルネスです。これは日常の中での一つ一つの小さな喜びを認識するとてもパワフルなツールです。そしてネガティブな感情をジャッジを加えない視点で見る方法でもあります。

Life can get out of balance and out of control sometimes, but we can always choose to appreciate ourselves.

人生は時にバランスを崩し、コントロールができないものとなります。ですが私たちはいつでも、自分自身に感謝をする、という選択ができます。

英語:Sandra Fang
日本語通訳:HIDEMI


サンドラ着用ウェア
涼しい風が通り抜けるセットアップ、この夏の人気のウェアです。

写真2枚目
トップス フロントボウトップ
ボトムス コットンワイドパンツ