Zero Waste — ゼロウェイスト

As a yinyang yoga wear ambassador, I feel proud how the company always puts ethical practices on the top of their agenda. And last month, yinyang even moved one step further, to register as a zero waste company in Japan.

私はインヤンヨガウエアがいかにエシカル(環境や社会への配慮)の実践を常に会社としての最も重要なアジェンダとして掲げているか、ということにアンバサダーとして誇りを感じます。そして先月、インヤンはさらに歩を進め、日本でのゼロウェイストカンパニーとしての登録を行いました。

By coincidence, recently I read a book, Zero Waste Home, by Bea Johnson. A stylish and modern French-born woman, a mother of two, living in the U.S. shares her journey of how she and her family make their home waste-free.

偶然、私は最近ベア・ジョンソンの「ゼロ・ウェイスト・ホーム」という本を読んでいました。フランス生まれでアメリカに住む、2人の子供を持つ母親であり、スタイリッシュで近代的な女性が、どのように彼女の一家がウェイストフリーになったのか、その道のりをシェアしています。

Zero waste means no garbage is being produced. My life is far from zero waste, and I’m not planning to do it either. I’m simply curious how on earth, can some people achieve this!

ゼロウェイストとはゴミが出ないことを意味します。私の生活はゼロウェイストとは程遠く、またそうなろうという予定もしてはいません。どうしてこの地球上で、それを達成できる人がいるのだろう、とシンプルに興味があります。

Bea Johnson wrote in her book how tremendous benefits she has received from the zero waste practice. Like saving money since they are buying less, feeling healthier since they have eliminated plastic packaging and products, and having more time since they have less material things to maintain and manage.

ベア・ジョンソンはゼロウェイストの実践から、どんなに絶大な恩恵を受け取ったかということを書き記しています。買うことが少なくなったことにより節約ができ、プラスチックのパッケージや商品を排除したことでより健康になったように感じ、物の維持や管理の為の時間が減り、より時間が生まれた、などということです。

Even if I don’t plan to pursue zero waste, I do believe that it is worth the efforts to reduce wastes to the extent that we feel comfortable. By being more aware of this issue and trying to cut down our wastes, no matter if it’s only 1% or 99%, that would help to keep our planet greener and to bring a little more freedom to our lives.

ゼロウェイストを極めようという予定はしていない私も、自分が心地いいと感じる範囲で、ゴミを減らす努力をすることは価値があると確信しています。この問題にもっと意識を持ち、1%であろうと99%であろうと、ゴミを減らそうとすることは私たちの地球をより緑豊かに保ち、私たち自身の生活にもう少しの自由をもたらしてくれるでしょう。

Now as I’m writing this, it’s the year end of 2020. My husband and I have just cleaned up our house and we put together 6 bags of 45L garbage, from junk mails to shoes that I’ve only worn once to the Christmas present from a year ago that I’ve never used.

いま私がこれを書いているのは2020年の年末です。夫と私は家の掃除をし、チラシから1度きりしか履かなかった靴、そして1度も使うことのなかった去年のクリスマスプレゼントまで、45ℓのゴミ袋を6袋まとめました。

Living in the cities in Japan, I can imagine how nearly impossible it would be to practice zero waste even if one wants to try. I can’t even think of a grocery store in my area that sells package-free grocery. All vegetables and meats are wrapped in layers of plastics. As far as I could remember, back in Canada, most of the stores don’t wrap their fresh products individually. (I’m not sure if it has changed due to covid-19) Maya Hanson from the yinyang team has started to organize Naked Market once a month at Yoga Studio Tamisa Matsuiyamate studio and Sanjo studio. Vendors come to the event to sell fresh vegetables without plastic wraps. We definitely need more naked foods in Japan.

日本の都市部に住んでいると、もしゼロウェイストの実践に挑戦したい人がいたとしても、それがどれだけ不可能に近いか、想像することができます。近所で食品をパッケージに入れずに売っているお店さえ思い当たりません。野菜もお肉も全て、何重ものプラスチックに包まれています。私の覚えている限り、カナダではほとんどのお店は新鮮な製品を包装せずに売っていました。(コロナの感染拡大によってこれに変化があったかどうか、私には定かではありません。)インヤンチームのマーヤ・ハンソンはタミサヨガスタジオの松井山手スタジオと三条スタジオで月に1回、ネイキッドマーケットをスタートしました。そのイベントに売り手はプラスチック包装されていない新鮮な野菜を売りにきます。日本には間違いなく包装されていない食品がもっと必要です。

I think the most effective way to produce less waste is to buy less. Like many women, when I have a little money to spare, I too find pleasure in buying things, fancy clothes and dressy shoes even if I only use them once a year. I need to constantly remind myself only to buy things that I love and that I will use often. If I could save a bit of money on material things, I could use the money to enrich my life, like go watch a musical concert or go on a family trip, or take a cooking course, etc.

私はゴミを減らすには購入を減らすことが最も効果的な方法だと思います。多くの女性と同じように、私も少し金銭的余裕がある時は、高い服やオシャレな靴、たとえ1年に1回しか使うことがない物だとしても、物を買うことに喜びを感じます。
本当に好きなもの、よく使う物だけを買うように、常に自分に言い聞かせる必要があります。物質に使うお金を少し節約できれば、そのお金でミュージカルを観に行ったり、家族旅行に行ったり、クッキングクラスを受講したりなど、生活をより豊かにするために使うことができます。

A line in Bea Johnson’s book really stayed in my mind, “I agree with Yves Saint Laurent, fashions fade, style is eternal.” Fashions defined as trends are changing every season, but personal style is shaped by our personal tastes, creativity, values, and confidence.

ベア・ジョンソンの著書の一節が強く私の頭に残っています。

「イヴ・サンローランの『ファッションは色褪せるけど、スタイルは永遠。』という言葉に賛成です」

ファッションはトレンドは毎シーズン変わると定義しています。ですが個人のスタイルは個人の好み、創造性、価値観、そして自信によって形作られます。

May we make our choices mindfully, may we live a fuller life, and may our planet be greener.

マインドフルに選択し、より充実した人生を歩み、この地球をもっと緑で満たしましょう。

英語:Sandra Fang
日本語通訳:HIDEMI