気持ちを伝える書き方をしたい

通常、人に思いを伝えるのが難しいと思っている人には、2つのタイプがあると思う。

一つは、自分が何を思っているか自分の心がわからない人。もう一つは、自分の伝えたいことを文章化できない人だ。

私はどっちもあてはまる。んにゃ、・・・あてはまっていた。うん。
ほんの少し自分の気持ちを人に伝えることが出来てからはもちろんこう思った。
学校で習った国語とかの時間は一体なんだったんだろう。たくさん本を読んだあの時間はなんだったんだろう。いや、そもそも授業を聞いてなかったのかしら?

今さら後悔しても仕方ない。
だけど言葉や文章に自分の思いをのせられないでいると、フラストレーションがおきて怒りとなって言動に顕れたりする。思ったことを伝えられないって、結構重要なことなんだ。
だからそれに気づいてからは放ったらかしにするこはできなくなった。

私が人に思いを伝えることを本格的に考え始めたのは、ブログを上手に書くためだ。あと人とコミュニケーションを円滑にしたいとも思った。(今日はブログのことに焦点あてて書くけど・・)
上手に書くってなんやねん?てそもそもそこから疑問かもしれないけど、それって自分の思ってることを他人にも共感してほしいってことなんだ。
人によって違うかもだけど、私はそうだった。

それで私はいくつかのライティング講座に行って勉強した。どれも素晴らしいんだけど、それぞれの講座の先生が教えてくれるhow toで文章を書こうとすると手がとまる。頑張って書き終えるんだけど、読み返すと、「私が言いたいのはそんなことじゃない」というような文章になっている。それであーだこーだと書き直していたらとてつもない時間がかかる。
最後は満足するんだけど、しばらくして見直したら、「いや私はそれを伝えたかったんやない。」て感じになる。

ヒーヒー言いながら文章を作って、納得いってないってなんやねん。て思うから、ついつい次書くのが億劫になってしまう。
それで最終的に、そもそもなんで書いてるんだろう。なんてところまできてしまう。
いや、しかし気持ちを伝える文章を書けるようになりたい。

こんな具合で色々さまよう中、一つの本に出会った。いつも行く図書館で何気なく目にとまった一冊の本。田中泰延さん著、『読みたいことを、書けばいい』だ。

めちゃくちゃ面白い。

田中さんは、電通で24年間コピーライターとして勤務されていたそうだ。その田中さんが書いてたことに心をうたれた。

『読みたいことを、書けばいい。』

どうだろう?ちなみにこれさっき書いたタイトルだ。
中身は、もちろんタイトルに関することが書かれてて、何度もうなづいて首が痛くなった。それから久々に本で笑ってヒーヒーいった。
そして今までいった講座の何十分の一位の価格(1500円だけど図書館だから無料)で何十倍もの情報がつまっていた。

今年コロナが広がり、一人一人のメディア事情は加速した。それで思いを伝えるということがとっても大切な時代になった。もしかして私と同じように書くことや伝えることについてどうにかしたいと思ってる人が増えてるんではないかと思いこんなブログを書くことにした。

今回のブログだって本当はヴィーガンのこととか書こうと思ったけど、気がのらなかったからやめた。適切な写真もないからなんの関連もないような写真を皆さんにお見せする。
これだ。




この写真は、先日インヤンアンバサダーで集まった時のものだ。今期の秋冬ウエアの可愛いこと。
キャンプの時のウエアにも着用した。素晴らしく着回しのできるウエアだ。私のお気に入りは白とベージュっぽい色のたいだいパンツ。トレンカなんだけど、私はかかとにひっかけづにはいている。

それで話を戻してまだもう少し続くんだけど・・・
ここに詳しく書かないけど、”てにをは”や”文章を短く作る”というようなテクニック本があり、そういうのもおすすめだ。適当に書いたけど、めちゃくちゃおすすめだ。思いを伝える以前に読める文章の作り方が書かれている。

私はNVC(非暴力コミュニケーション)や有の瞑想なんかをしている。それは自分の心と繋がるのにとっても有効だ。自分がどう思っているか自分で気づいて繋がる。そうすれば何を言いたいかがまとまってくる。

自分が何を思っているか自分の心がわかる。
自分の伝えたいことを文章化できる。

そうして、気持ちを伝える書き方ができるようになるのだ。よ。(自論)
これからどんどん自由さをふりまいていきます^^

p.s
いつもブログを見てる皆様へ、助けてください。
いつもブログを書く時に何を書こうか悩みます。
私に書いてほしい”コト”があったら、インスタへDMをほしいです。
https://www.instagram.com/yogini_kayo/