Less is More-少ないほど豊かである

9:30pm on a September evening, I’m drafting this writing on my computer after my son fell asleep in the tent. And my husband is setting up his camera to capture a sky full of stars. We have spent the last two days camping out in Wakayama prefecture during the long weekend. I can hear the sounds of the ocean waves not so distant away and the sounds of insects in the woods. The crisp breezes blowing, with the smell of campfires set up by other campers nearby.

9月の夜、21時半、息子がテントで眠りに落ちた後のこのブログを書いています。夫は星で満ちた空の撮影にカメラをセッティングしています。私たち家族はこの2日、和歌山県でキャンプをして4連休を過ごしています。海の波の音がそう遠くない所から聞こえ、森の虫の声が聞こえます。爽やかなそよ風が吹き、近くの人々がするキャンプファイヤーの香りを運んできます。

3 quarters of 2020 has passed by really fast. This year has taught me one important thing – less is more.

2020年の3/4はとても早く過ぎ去りました。この1年は1つ、私にとても重要な教えを残しました。

「少ないほど、豊かである。」

With the unexpected COVID-19, my work has cut, income has dramatically decreased. A worse financial situation comes with the need to reduce and to choose mindfully. Every time I want to buy something, I need to think twice. Is this necessary? Will I use it for a long time? Does it spark joy in my life?

想定外のcovid-19により、私の仕事は削られ、収入は劇的に減少しました。芳しくない収入状況においては、マインドフルに削減し、選択する必要性がでてきます。何かを購入したいと思う度に、二度考察する必要があります。これは必要なのか?長い間使うだろうか?私の生活にときめきを与えてくれるだろうか?

If we could not afford traveling far and staying at ryokans, we can still bring our tent and sleep outdoors.

遠くまで旅をして旅館に泊まる余裕が無くても、テントを持参しキャンプをすることもできます。

Recently when it’s not rainy, we like to pack our breakfast and have a picnic by the Kamogawa river in the early morning before we send our kid to school and then head to work.

最近は雨が降っていなければ、鴨川で家から持ってきた朝ごはんでピクニックをし、子供を学校に送り、そして仕事に行くことを楽しんでいます。

Despite the financial situation, I haven’t noticed a decreased level of happiness in my life. The best things in life are usually for free.

収入状況に関わらず、日々の生活の幸福度は減少を感じることはありませんでした。人生の中で最高のものとは、たいてい無料、お金がかからないのです。

Imagine if you could only buy a few pieces of clothes in a year, what would you choose? What kind of qualities are you looking for? For me, it’s definitely comfort and something that fits my own personality.

もし1年の間に何着かしか服を買えないと想像してみてください。あなたは何を選びますか?どんな品質を望みますか?私の場合、それは絶対に心地よく、私の個性に合うものです。

Now at 10:30pm the night is darker and the wind is getting cold. I remember a story of Itzhak Perlman, a great violinist who suffered from polio. In the middle of a concert, one of the strings on his violin snapped and broke. Instead of getting the string replaced or the violin changed, after a pause, Perlman set his violin under the chin and signaled to the conductor to begin. It is impossible to pay a violin concerto with only three strings but that was what he did.

The performance was so astonishing that the audience rose and cheered. He smiled and spoke, “You know, sometimes it is the artist’s task to find out how much music you can still make with what you have left.”

22時半になり、夜が深まり、風が冷たくなってきました。偉大なヴァイオリニストであり、ポリオ(小児麻痺)を患ったイツァーク・パークマンの言葉を思い出します。あるコンサートの最中、彼のヴァイオリンの弦が切れ、壊れてしまいました。ですがパークマンは弦を交換したり、ヴァイオリンを変えることなく、しばらくの静止の後、ヴァイオリンをあごの下にセットし直し、指揮者に始めるように合図を送りました。たった3本の弦でヴァイオリンコンツェルトを演奏するのは不可能なことなのですが、彼はそれを成し遂げました。そのパフォーマンスは驚異的で、その偉業に観客は立ち上がり拍手を送りました。

「残されたものでどれだけの音楽を作り出すことができるか、時にそれを探し出すこともアーティストの任務でしょう。」

彼は笑顔でそう言ったのでした。

英語:Sandra Fang
日本語通訳:HIDEMI


着用ウェア 2020 2nd collection

トップ:ドルマンプルオーバー・ ホワイト
インナー:クロップドタンク・ ブラックヘイズ
ボトムス:ボタニカルトレンカ・ブラックヘイズ