エシカルって


YinYang アンバサダー 斎藤純子
YinYang アンバサダー 斎藤純子

齋藤 純子

Junko Saito

ハタヨガインストラクター

YinYangが大切にするキーワードの中から、今回わたしが選んだテーマは《エシカル》
意味をよく知らず、使いこなせていない言葉だったのだけれど、調べてみたらとっても便利な言葉でした

「法律で決まっている訳ではないけれど、良識的に考えるとこうだよね〜」といった、多くの人が合意している価値基準のような感じでしょうか

価値基準も大いに揺るがされる今、正直ピンときたわけではないのですが、とは言え《エシカル》という言葉を使ったら、わたしが表現したい世界が伝えやすくなると思い選びました

ー個性の時代ー

わたしは
これからの時代は
自分の個性《才能》を知り
その個性を活かし
自分はもちろん
他人を
地球を
幸せにして行く
そんな時代だと思っています

今まで大切にされて来なかった訳ではないのでしょうが、そこまで個性を発揮しなくても、なんとなく生きて来れたのではないかと思います

「わたしの個性とは……」

誰一人同じ人がいないこの世界
誰もが主役

誰が私の人生の主役だろう
もちろん、私です

私は人生の主役をどれくらい深く全うしたいだろう
もちろん、100%自分が主役でありたいです

だってわたしの人生ですから

わたしが考え
わたしが選択し
わたしが責任を取る

わたしわたしを主張すると、まるでワガママの様に取られがちですが、本当の主役とは、ワガママとは違います

他人を否定せず
問題があれば話し合う
共感力

自分の幸せと
他人の幸せは
同じ価値がある

今の社会は、自分と違った意見だと、叩いたり、否定したり、喧嘩したり、触れないように対話を避けたり、関係性に亀裂が入ってしまうような危険にあふれています

違う意見を楽しむような、お互いの意見を交換するような余裕も、ゆとりも、柔軟性も、強さもあまり感じられません

もっとリラックスを
もっと深呼吸をしよう
そんなに自分は弱くない
違う意見を聞いたくらいで
傷つく存在ではないと知る

“偉大なる真の自分の存在”を知る学びが
ヨガにはあります

ーエシカルとはー

そして《エシカル》の出番
この”わたしが主役の人生“が、社会でうまくやって行くには《エシカル》が大切だと思いました

どんなに自分の個性が発揮できることでも、なにかを傷つけることを、もうこれ以上はしてはいけない
特に自然環境に於いては、多くの人が気付いているはずです

わたしがYinYangを好きな理由は、生産者から消費者までのプロセスが丁寧なところです
作られた商品が、消費者に末永く大切にされることは基本であり、とっても愛があることです

つまり、わたしにとっての《エシカル》とは、《愛》という言葉で置き換えられるのかもしれません

ーすべてはLOVEー

地球を愛し
自分を愛し
他人を愛す

この愛は、いつも自分発信です

そして
みんなの溢れる愛で
世界中を包み込みましょう!

31th Jul 2020

Junko着用ウェアオンビーチドレス Color:ドリフトウッド
タンクトップとレギンスに合わせてスタジオへ。
カジュアルにもほんのりドレッシーにもスタイリングすることができる万能なオンビーチドレスはお出かけにも大活躍してくれるはずです♪