ライフスタイルコラム「奥行きのあるヨガを日常に」


6月21日は夏至となります。夏真っ盛り。陰陽理論でいうと、陽の極まりです。
極まりということは、ここからは逆のベクトルが働くということです。
陽が極まったので、陰に転化します。私たちが感じることができる質は、まだまだ陽体質ですが、水面下では少しずつ陰の季節のエネルギーが静かに膨らんできます。

陰ヨガは、その理論が大切だと思います。だから、陰の質を大事にした陰ヨガをしています。陰ヨガに触れることで、静けさを持ち、心身ともに静かに止まれる質を持てるように指導をしています。

ヨガは、日常にあるもの。特に、陰ヨガは中医学思想もその概念に含んでいることから、漢方などに馴染みのある日本人にとって、とても日常に生かしやすいヨガかと思います。
陰陽理論は、対の概念を持ちます。つまり、委ねる、止まる、静けさを持つということは、逆に、能動的に動き、創造することに繋がるということです。対があるから、その奥行きはとても深くなるのです。

ヨガは、身体だけの健康ではなく、心の健康、精神の成長にも繋がるものでありたいと思っています。アーサナだけ、つまり筋肉や身体の部位へのアプローチは、マインドフルネスになるための入り口としてはいいですが、それだけでは視野が狭くなってしまいます。だから、受け身で、委ねて、静止し、そこから生まれるパノラマの空間を持つことが大切なのです。

残念ながら、ヨガを長年している方でも”静かに止まる”ことができない方も多いです。身体は止まっても、思考や心が止まれない人も中にはいます。それでは、いつまで経っても、ヨガから精神や思考へのアプローチとなるメディテーションへと導く、奥行きのあるヨガへと成長していきません。

まずは静かに座って、身体を奥深くから開くことをしてみませんか。是非、陰ヨガを体験してみてください。

着用ウェア
[Bali]バイカラーチュニック
[Bali]ボタニカルレギンス・アシンメトリー