Yoga Philosophy Vol.2- Santosha  ヨガ哲学 Vol.2 – サントーシャ

About this Column

Welcome to my Yin Yang yoga wear column! As a long-time yoga practitioner and yoga teacher, I’m aware of the immense benefits yoga can offer to anyone. Whether you’re attracted to yoga for physical health, for a healthier lifestyle, for better focus on work, or for better relationships with others, yoga can help on all those aspects. Unfortunately there’s only so much I can share in this column, so don’t hesitate to join classes at your local studio and to practice with professional teachers regularly to receive the full benefits of yoga.

このコラムについて

Yin Yangヨガウェアのコラムへ ようこそ。私は 長年にわたるヨガの実践者また講師として、ヨガはどんな方へも計り知れない恩恵を与えうると感じています。心身の健康のため、より健康的なライフスタイルのため、集中力を仕事でより高めるため、周りの人達とより良い関係を築くため等、どんな魅力をヨガに感じていようと、ヨガはそれら全ての側面の助けとなることができます。このコラムでは たくさんあるうちのほんの少ししかお話できないことが残念ですが、ヨガのたくさんの恩恵に預かれるように、ぜひともお近くのヨガスタジオのレッスンに参加したり、プロの先生方のもとで 一緒に練習してみてください。

 

Yoga Philosophy Vol.2 Santosha

ヨガ哲学 Vol.2 サントーシャ

 

In yoga philosophy, santosha is often translated as contentment. It reminds us to be grateful for what we have and be content with who we are and where we are in life.

ヨガ哲学において、サントーシャは よく知足と訳されます。私達がすでに手にしているものに感謝し、人生において自分自身のあり方や置かれている場所がすでに充分に満ち足りているということを思い出させてくれます。


This is one of the philosophical concepts that’s easier said than done, especially in the modern world, social media puts us in the trap of social comparison. Seeing friends posting their achievements and happy lifestyle on social media sometimes stirs up our desires of wanting more.

言うは易く行うのは難しい哲学の概念の一つですし、特に現代では、SNSが私達を社会的に比較させてしまいがちです。友人が何かを達成したり幸せな生活送っている投稿をSNSで目の当たりにすると、もっとほしいという欲望がかき乱されることもあるでしょう。

I believe that jealousy is a normal human emotion, just like joy, anger, and fear. The important thing is how you deal with it. To tell the truth, I have been quite a competitive person on the things I care about since I was a child. I never cared much about wealth or beauty, but I really cared about how I compare to my peers on an intelligence level. For example, at school, I wanted to get good grades, and I wanted to be perceived by my others as a smart person.

恐れ、怒り、喜びの感情と同じように、嫉妬は人としての当たり前の感情です。大切なのは、 それといかに向き合うかです。実を言うと、私は子供の頃からずっと、私が好きなことに関しては競争心がとても強いです。富や美しさに関してはあまり気にしたことはありませんが、知性の面においては仲間と比較して気にかけることがとてもよくありました。例えば、学校では、良い成績をとりたかったですし、自分の大切な人達からは賢い人と認識されたかったです。

Measuring ourselves against others can lead to both positive and negative results. Jealousy often motivated me to work harder to improve myself. Other times, it also led me to sadness and feeling unworthy.

自分自身を人と比べて優劣をはかることは、良い結果にも悪い結果にも導きます。嫉妬心は 自分自身をよりよくするために、熱心に働くモチベーションになります。一方で、 自分は価値がないと感じたり悲しい気分にさせたりもします。

Now I still find jealousy taking over my mind from time to time when I see someone I know achieves a higher position in their career than myself, but I’ve become more skillful in the way I deal with my emotions. I take a pause and close my eyes, simply notice how my breath changes and how my physical body reacts to that emotion. The emotion of jealousy is neither good nor bad, it is what it is, and it is a stimulus from the outside world that I can not change. But what I have control of is how I react to it.

知人がキャリア上で 自分より何か高い目標を達成するとき、嫉妬が私の心を覆い尽くしていると感じるときは今でも時々ありますが、私は自分自身の感情にもっと上手く対処できるようになりました。一息おいて目を閉じ、ただただ自分の呼吸がどのように変化するかを感じて、どのように身体がその感情に対して反応するかを感じるようにします。嫉妬の感情は良いも悪いもなく、ただそれだけであって、変えることのできない外の世界からの刺激です。私達がコントロールできるのは、その刺激に対してどのように反応するかです。


The more I practice this meditation, the more I become unaffected by my emotions. Moreover, I started to appreciate and admire the person I feel jealous towards. I started to recognize that the efforts this person puts into her/his work, and I know that her/his achievements also come with other personal sacrifices.

自分自身の内側を見つめる練習をすればするほど、自分の感情に振り回されないようになりました。さらに言えば、嫉妬している人に対して感謝と尊敬の念を抱くようになりました。その人達がかけた大変な努力を認識し、他に何か個人的な犠牲の数々を払って成し遂げているということを知るようになりました。

Sometimes even when we put lots of effort into something we do, things don’t go as we expected. When things are going our way, it’s easy to be content. What if things don’t go the way we want? What if bad things happen?

大変な努力をかけても、ものごとが期待通りにいかないときも多々あります。思い通りに物事が進んでいるときは、満ち足りていると感じることはたやすいでしょう。でも物事が思い通りに進まないときはどうでしょうか。悪いことが起こったときはどうでしょうか。

When we feel sad, depressed, disappointed, also know that life is complete the way it comes to us in each moment. And we are complete the way we are. Santosha is about being unattached to the results of our actions. If the result is less than we expected, we still have the open heart to accept what happens, learn from it, and move on.

悲しいとき、落ち込んだとき、がっかりしたときも、その瞬間 瞬間に現れたそのままの状態で、人生は完全なものだということです。そして私達はあるがままの状態で、全てそろっているのです。サントーシャとは、行動の結果に対してはこだわらない状態です。結果が予想よりも低いときでも、起きたことを受け入れ、そこから学び、前に進むために、開いた心を持つことはできます。

Keeping a gratitude journal helps us to recognize how much we already have. Based on positive psychology research, keeping a gratitude journal is one of the most effective ways to improve our well-being and happiness. Before going to bed every night, try to write down 3 things that you feel grateful for that day. Continue this habit for a month and see whether it changes your wellbeing and happiness level.

感謝の日記をつけることは、自分自身がいかにすでに恵まれているかに気づかせてくれます。ポジティブ心理学の研究によると、感謝の日記をつけることは心身の健康と幸福感を引き上げてくれる有効な手段のひとつです。毎晩眠りにつく前に、その日に感謝していることを3つ書き出してみてください。この習慣を一ヵ月続けて、心身の健康と幸福感のレベルが上がっているかどうか感じてみてください。

Now let me finish this blog here with a quote from yoga teacher Swami Rama, “contentment is falling in love with your life.”

ヨガ指導師 スワミ・ラーマの言葉で、今回のブログを締めくくりたいと思います。
「知足とは あなた自身の人生と恋に落ちることである。」

英語:Sandra Fang
日本語通訳:Eriko Matsumoto

着用ウェア

トップス:ツイストジレミッド/ブラック

ボトムス:バルーンパンツ/ブラック