阿波藍set up, The story behind…

新作が発売されて早2週間。
皆さますでに何かご注文していただけましたでしょうか。

さてその中でも人気の商品で、色違いでご購入のお客様やスタッフもいるほどのフロントボウトップとコットンワイドパンツ!
そのラインに新たに明日、20着限定でリリースを予定している阿波藍set upが加わります!

blog

このセットアップは徳島県立城西高校の阿波藍専攻班の3年生が昨年染めてくれたもので、1点1点微妙に異なる仕上がりとなっていて、この唯一無二の叢雲(むらくも)染めのデザインには、これからを担う生徒一人一人の真心と純粋な愛情が込められています。

blog

むらくも染はこのように、両手で思いっきり絞り、染めていきます。

blog

さて今回はリリースと一緒に、その阿波藍set upのコラボが誕生するまでのストーリーもちょっぴりお話できたら…と思いブログを綴ってみました。

昨年11月半ば、yinyangメンバーは1泊2日で徳島県を訪れました。

目的は2つ。
1つは上勝町のゼロウェイストセンターの訪問。
そしてもう1つはこの阿波藍set upをお願いした徳島県立城西高校での染め体験。
ご縁あって紹介していただいた城西高校では、「エシカル消費宣言」を制定し、「他人を思いやる心」「他人との助け合い」「環境への配慮」をキーワードに
人・社会・地球のことを考え、持続可能な社会づくりに真摯に取り組んでいます。

またこの学校の植物活用科の藍染の授業では、蓼藍を育てるところからはじまり、成長した葉を刈り取り、発酵・熟成させ、天然染料のすくもをつくり、染めています。
そして自分たちが染色した商品を販売するという、一貫した流れが授業のカリキュラムに組み込まれています。
最近では企業や行政から染色依頼もたくさん来るようで、染色体験をしに様々な人たちが学校を訪れるようです。
そういった取り組みだけでも素晴らしいなと思ったのですが、更にわたしが心を惹かれたのがこの阿波藍の一連の授業を指導する川西和男先生の在り方でした。
先生が赴任された当初、前任の先生から引き継いだ方法で染色してみたところ、使用薬品の影響で自らの手がただれてしまいました。
ご自身、そして携わる生徒たちの健康と安全を気遣い、化学薬品を一切使用せず天然染料のみで染め上げることを目標に、県内で有名な方の元に自らが弟子入りし、
その工程を学び習得し、生徒たちに伝えることにされました。
それから10年、時代の流れや試行錯誤される中で変化しながらも伝統を守り続ける姿勢。

yinyangのコンセプトにはブランド立ち上げ当初から「健康と安全に配慮したものづくり」というのがあり、
ものづくりに従事する生徒たちの健康を第一に考えた先生の思いにとても共感しました。

訪問した日、私たちも高校生に混じり、寝せ込みの段階で行う切り返し(打ち水と撹拌)という作業を体験させていただきました。
天然染料「すくも」を製造する工程を「寝せ込み」と呼び、この寝せ込みは「寝床(ねどこ)」と呼ばれる土間(どま)で行われます。

blog

土間はとても神聖な場所で、みんな裸足で上がります。

blog

寝せ込みは10月から12月の寒い時季に行うため、発酵させるのに必要な熱が外気温(冷えた室温)の影響を受けにくくするため、藁(ワラ)で編んだ「むしろ」を布団として掛けてあげます。

blog

むしろは農業資材業者から購入しているそうですが、近年日本製の物が少なくなり苦慮しているようで、とても大事に扱われています。

授業の後は、私たちも藍染を体験させていただきました。

blog

水の豊かな藍染の本場、徳島の本藍染めの懐かしい思い出。

blog

そんなストーリーに思いを馳せながら、美しい本藍染の心地良さを実感しながら袖を通していただけると嬉しいです。

協力:
城西高校HP

Azusa

『Flow of Life』21/1st collection リリースしました

春の日差しが心地よく、色とりどりの花や新芽が美しい季節がやってきましたね。
私たちyinyangの事務所がある京都府京田辺市も緑がたくさんあり、特に敷地内は光と草花であふれています。
朝のお掃除で色とりどりの春の落ち葉を集めるのがスタッフの毎日の楽しみにもなっています。

blog

そんな中、私たちのベースショップには、ひと足早く新作の2021/1st collection が並びました。

今年の1st collection は落ち着いたアースカラーが特徴です。
草木染め特有の鮮やかさを残しながら落ち着いたトーンで上品な仕上がりです。

ショップに並ぶウエアたちは、併設のヨガスタジオに来られる方々の心を掴み、
さっそく、あれこれ、和気藹々とスタッフやインストラクターも交えての試着会が開催されています。

今年のコレクションは、よりライフスタイルに馴染むアイテムがたくさんあります。
リネン素材をチョイスしたクラフトマンジャンプスーツは生地感とフォルムのバランスが絶妙です。
コットン素材のワイドパンツ、フロントボウトップはセットアップがおすすめ。
これらは、ポッターズリネンドレス、ブナの木由来、モダール素材のシルキーTと共にリラックスと上品さの調和が表現されています。

blog

blog

blog

blog

yinyangの定番、ハイウエストレギンスの今シーズンの柄は大柄のタイダイ。
シェルタンク、セレーネジャンプスーツと共に、ヨガシーンで大活躍するのはもちろん、普段使いのアクセントにも期待大のアイテムです。

そして、実はリピート率が高く、多くの方から高評価をいただいているyinyangのインナー。
スタッフやインストラクターからも長く支持される優秀なアイテムなのです。

今シーズンはショーツが2アイテム、ブラトップが2アイテム登場しますが、どちらもとても着心地がよく、
草木染めの優しさと暖かさに驚くほどで、早くも全色揃えようと言い出すスタッフも!
ぜひ、一度お試しください。

blog

blog

blog

いつもなら常に誰かが海外に出ている、旅好きの集まるyinyangスタッフですが、
今年は国内で、日常でいかに旅をしている気分を味わうかを研究しています。

マーヤが昨年の7月からスタートさせたネイキッドマーケットもその一つ。
毎月、京田辺市と京都市内で開催されるマーケットは、まるで旅先でふらっと立ち寄ったマーケットが素敵なもので溢れていて、
ワクワクしながらお買い物をする気分を味わうことができます。
ここでは、お買い物したものを自分が持ってきたタッパや水筒、カゴやバックに入れて持ち帰るため、日常と少し違ったショッピングを楽しむことができます。
もちろん、yinyangのウエアはマーケットシーンでも大活躍です。

そして、先日yinyangチームは撮影で石垣島を訪れました。
往復の機内、食事、ビーチ、ヴィラでのパジャマ兼リラックスウエアと幅広く大活躍しました。

blog

blog

blog

毎日の暮らしの中で見つける小さな心地良さを大切に。

私たちは大きな世界のちっぽけな一部ではなく、私たちが世界そのもの。
みんなそれぞれにキラキラしている純粋な存在。

そんなみんなのFlowに寄り添うlife wearとなりたい。
そんな思いで『Flow of Life 』と名付けた今回のコレクションを
どうぞよろしくお願いします!!

Love & Light

Yoko

21/1st collection
@yuyan73
@maayahanson
@izumick815
@saltybutterfly
@087km
@sonoko.6

art works:
@sadao76
@k1ngy_
@yumikotakeuchi_photo

indigo works:
徳島県立城西高校の皆様

阿波藍プロジェクト

地球環境に優しいものづくりをコンセプトに、バリ島でヨガウェアをつくり始めたyinyang。

2020年のコロナ禍の1年は、国境間の行き来がなくなり、海外に足を運んでいたみんなが国内にとどまり、みんなの意識がより内へ内と向いた1年のように思います。

昨年わたしたちは徳島県上勝町にあるゼロウェイストセンターに視察をかねた研修旅行に訪れ、
yinyangでも店舗としていくつかの項目においてゼロウェイスト認証をいただきました。
そして現在はゼロウェイストジャパンさんからのサポートのもと、
バリ島でのものづくりの段階においてゼロウェイストの可視化に対する取り組みをはじめました。

yinyangのウェアを出来るだけ長く愛用してほしい。
そんな思いから、バリ島でインディゴの染め直しのサービスを試みた2019年。
しかし輸送コストなどを考えると、バリ島でこの染め直しの取り組みを継続していくのは難しいとなり、
同じような取り組みを継続していくのには国内がベストではないか。と国内での染めに意識が向くようになりました。

そんな中ご縁があり、日本の伝統文化である徳島県の本藍での染めを授業カリキュラムとして取り入れている高校生の力をかり、
今回はじめて本藍での染めが実現いたしました!

藍の葉を育てるところから行い、エシカル消費をうたい JAPAN BLUE!を発信している徳島県立城西高校。
城西高校ではyinyangに限らず、他の企業からの商品などの藍染の依頼も受けているようで、
藍を育てるところから販売まで一貫して行っています。

藍染めへの深い愛とともに、阿波藍専攻班を率いる川西和男先生がみんなを率い、
川西先生の指揮の元、2年生の生徒のみんながとっても素敵にウェアを染め上げてくれました!

今日はその様子をレポートさせていただきます。

まずは商品を広げて、叢雲染めのデザインイメージを膨らます二人。
blog

藍染工場では珍しい4つの釜を使用する城西高校。
川西先生が絞り方をみんなへとレクチャーする様子。
blog

ついに染め液の入った窯へとウェアを投入。
いよいよ染めます!!!
blog

水で洗い流しながら、染め液を洗い流します。
blog

絞ったウェアを室内干し。
blog

乾いたウェアを広げる生徒のみんな。
blog

全てのウェアが手染めとなるため、1点1点が異なるデザインとして仕上がった今回の阿波藍セットアップ。
販売セット数は20着のみ!!!

yinyangのコンセプトにもある “ Hand To Hand ” に繋がる取り組みの第二弾。

作り手の温もりと愛情、その温度が手に取るように伝わってくる今回の限定商品。

この春の販売を予定しております。
どうぞ楽しみにしていてくださいね!!!

Azusa