新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2021年はyinyangユーザーのみなさまにとってどのような始まりでしたでしょうか。

blog

yinyangの新年は、1月5日から穏やかに始まりました。
今年は新しい事務所に移転してから初めての冬。
本店がある京田辺市虚空蔵谷は山が近いため気温も近辺よりも数度低いそうで、朝は凛とした空気が張り詰めています。
空気が澄んでいるため光がとても美しく、朝の日差しを心地よく感じながらのお掃除から1日が始まります。

blogblog

併設するヨガスタジオTAMISAのスタジオ「Sol」は特に窓が大きく東側からの光にあふれています。
窓にサンキャッチャーがさがっているのですが、スタジオ内に虹色の光がキラキラと輝く光景はまるで別世界です。
寒さに備えて年始からはストーブも登場しました。
光が溢れる暖かいスタジオで、皆さんとても心地良さそうにヨガを練習しています。

さて、新年早々に、ボタニカルヨガマットの新作がリリースとなりました。
2015年に発売されて以来、お問い合わせをいただき続けていたボタニカルヨガマットは、
yinyangスタッフが一押しのアイテムです。

blogblog

表面は淡いネイビーとホワイトのマーブル柄、裏面はリサイクルゴムにメッシュが入った布のようなテクスチャーです。
天然ゴムを100%使用し、グリップ力があり耐久性に優れています。

ヨガスタジオTAMISAではレンタルヨガマットについて、早い時で半年のスパンで劣化や、マットの匂いにより買い替える必要が出てきたり、古くなった大量のマットがゴミになることに対して長年大きな悩みでした。
2015年のリリース時に全てのレンタルヨガマットをボタニカルヨガマットに変えてからの5年間、同じマットを使い続けることができています。買い替えのコストや手間、ゴミ問題がクリアになりとても気持ちが良く運営できています。

企業として「劣化しない商品は買い換えないので利益に影響するのでは?」と言われたことがあります。
でもyinyangとしては、長く使え、最後は土に戻る素材を使用することは結果自分たちや未来の子供たちにとって大きな利益となると考えます。

このメッセージを読んでくださっているインストラクター、スタジオオーナーのみなさま、長く使えるエココンシャスなyinyangのボタニカルヨガマットをぜひお試しください。

1箱9本単位でのご購入をお考えの方は卸売価格がありますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:info@yin-yang.jp

また、地球環境や現在の私たちが向き合いたいテーマを選び、月に1度の上映会をヴィーガンのお食事とともに楽しんでいただける「VegOutシネマ」では1月24日(日)に「ザ・トゥルー・コスト〜ファストファッション真の代償」をオンライン上映します。

yinyang代表のYokoとVegOutディレクターの平山が「新しい時代のアパレルの役割」をテーマに皆さんと考えるトークセッションも予定しております。
ぜひご自宅から美味しいご飯とドリンクを用意してご参加ください。

詳細・お申し込みはこちらから

blogblog

今年もyinyangユーザーのみなさまと共に、この美しい地球で穏やかにヨガのある暮らしを楽しめることを嬉しく思います。
皆さまとそのご家族にとって、素晴らしい1年となりますように!

yinyang代表 小上陽子

みんなが知れば世界は変わる

こんにちは!
みなさんは「気候変動」「気候危機」という言葉を聞いたことはありますか?
近年、日本でも自然災害や生態系の変化が起こっていることで、心が向き始めた人も多いかもしれません。

先日、環境についての勉強として、yinyangスタッフ一同で、環境活動家の谷口たかひささんの「地球を守ろう」というお話会に行ってきました。
谷口さんは「みんなが知れば必ず変わる」をモットーに全国を移動しながら、ほぼ毎日お話会をされています。
なんと私たちが参加した会は、406回目のお話会!(なんてエネルギッシュなんだ、、、!)

お話会では、
今、この星で一体どんなことが起こっているのか、
日本ではあまり伝わっていない世界の状況や、
自然災害の原因、
人々が立ち上がったことで、今世界中で起こっているアクションなど、
本当にたくさんのことをわかりやすく、笑いを交えながら話してくださいました。

さてここで、自分には具体的にどんなアクションができるのだろう?と疑問が湧いてくるところ!
谷口さんに教えていただいたことを少しシェアしてみたいと思います!

✴︎私たちができる具体的なこと✴
・ゴミを減らす。マイ箸、マイバックなどを使う。
・省エネをする。再生可能エネルギーを使う。
・公共交通機関を使う。エコカーにする。
・お肉、乳製品、植物性油脂を避けてみる。
・政府、企業、メディアに意思表示をする!

毎日のように無意識でみているメディアやTV、何気ない買い物など、日々のほんの小さな選択が今の世界を創っています。
どんな地球に住みたいかを私たち一人一人が心に留めて選択することで、明るく美しい方向へ世界は大きく変わるのではないでしょうか。

お話をきいたことで、現状を自分ごととして受け止めて、できることをしていこう!と改めて思いました。

そして最後に、素敵なお知らせ。
2021年2月に谷口たかひささんのお話会を開催します!
こうしたお話会に参加することで、たくさんの気づきがあるかと思います。
スーパーポジティブな谷口さん(しかもハンサム!)から明るいエネルギーをもらえること間違いなしですよ。
blog

詳細は追ってお知らせいたします。
どうぞお楽しみに!

地球を守ろうHP
谷口たかひささんinstagram

hana

yinyang STUDY TOUR 2020 レポート

ZERO WASTEと聞くとみんなは何をイメージしますか。

先週の金曜日、yinyangは東京にオフィスを構えるZero Waste Japanさんが発行する、ゼロ・ウェイストの認証審査を受けました。
日常業務の中で、いかにゴミ(無駄)を出さない運営を行なっているかのヒアリング調査から始まり、
数日間溜めていたゴミの量をチェックしてもらい、スタッフ全員で研修を受講。
世界のゴミ事情やゴミ処理の際に発生するエネルギーの活用法、日本のゼロ・ウェイストに取り組む町や組織などについて学びました。

そしてその数日後の週末に、私たちが向かったのは徳島県。
研修でも取り上げられていた町全体でゼロ・ウェイストに取り組む徳島県上勝町の視察と、2021年の春にリリースを予定している藍染コレクションの企画を一緒にすすめている徳島県立城西高校訪問をメインに
2日間のSTUDY TOURを開催しました。

早朝に松井山手のBASE SHOPに集合し、淡路島のSAで一度休憩を挟み、上勝町までまっしぐら。

blog

blog

まず一つ目の訪問場所は、ゼロ・ウェイストに取り組むカフェポールスターさん。

blog

地産地消の新鮮な食材を使い、ゴミが出ないようなサービスを心がけ、店舗で販売しているお米、洗剤やお菓子はもちろん量り売り。

blog

更にお客様一人一人がゼロ・ウェイストにまずは意識を向け、心がけ一つで取り組みに参加できるよう
店舗のポップにも一工夫あり、とてもインスピレーションになりました。

blog

ご飯も美味しかった〜!

blog

その後は、杉の間伐材を使用した商品づくりに取り組む「すぎとやま」の杉山さんのお話を聞きに。

不要になる杉の木から繊維をとったタオルやスポンジ、マスクのブランドKINOFのものづくりについて教えていただきました。

「あるもの」を資源に、そこに価値を見出すクリエイティブなアイデアからつくられるものはどれも地球に人に、そして杉山さんの優しい愛情がたっぷりでした。

blog

お話の後はみんなも日常生活で使用してみたいとショッピングタイム❤️

STUDY TOURでもお買い物は外せません!

blog

その後はメインイベントとなるゴミステーションへ。

blog

見晴らしの良い山に位置する敷地には、ゴミステーション、くるくるショップ、ラボラトリー、ホテルと様々な施設があり、
3R = リサイクル、リユース、リデュースを軸に、捨てない循環型の経済と、誰かが捨てたものが誰かにとって必要なものへと生まれ変わる経済との共存が実現していました。

blog

45種類に分けてゴミを分別しているステーションを回り、分別や回収のシステムを伺います。

blog

お年寄りが半分以上住む山間の町で、このような取り組みを徹底でき参加しやすい仕組みづくりと「誰一人取り残さないSDGs」を呼びかける姿勢、
すばらしいなと感動しました。

blog

誰かにとってはゴミとなってしまったものが、必要な人の元へと新たないのちを吹き込まれ循環していく「くるくるショップ」。

blog

研修スペースも。

blog

アップサイクルされたものを使用したHOTEL。

blog

その日の締めは、量り売りやリサイクルアイテムも販売するマイクロブリュワリーのレストラン RISE&WINへ!
不要になった空き瓶を使用したインパクトあるシャンデリアが迎えてくれる店内の心地よい空間で味わう いく種類ものビールは最高でした。

blog

翌日は、早朝より山を下って川西先生、東先生、そして生徒たちが待つ徳島県立城西高校へ!

藍を育てるところから自分たちで取り組み、今回は摘んだ藍を葉と茎に分け、葉っぱを発酵させ『すくも』を作る作業の途中にある切り返し授業を体験。

blog

神聖な天然の藍が発酵するのに必要とする熱を裸足で感じ、素手で藍の葉に触れる。
貴重な体験でした。

授業に参加した後は、藍染めを体験。

生きた藍の3つの釜を回りながら、みんなが思い思いに描くデザインに仕上がることを期待し、染め液につけてまわる。

そして取り出し広げてみるとあら不思議。

blog

空気に触れることで色が変わる藍染め。

城西高校では可能な限り天然の素材を使用し、伝統的な技法を次世代を担う子供たちへ継承していくことを徹底してらっしゃいます。

指導される先生方の思いとともに、生徒たちと共創する次のアイテムが楽しみです!

今後はバリで行なっていた染め直しの依頼や、皆さまに一緒に体験してもらえる機会をもうけることができたら…と、期待が膨らみました。

blog

blog

ツアーの最後は高校の近くにあるバナナ農園へ。

「安心で安全な22世紀バナナを子供たちへ」と奮闘する有機バナナの栽培をされている株式会社スロースさんを訪れました。

blog

ほぼ輸入のバナナに頼っている現在の日本のバナナ事情ですが、有機の安全な国内産バナナが食べられたら嬉しいですね!
収穫は来年1月とのこと。収穫の知らせが来るのが楽しみです!

今回徳島を訪れ、現地で出会った人たちから吸収した価値ある創造と共創。

そしてそのアクション一つ一つのベースにあるのが個人の心地良さと持続可能な社会へ貢献したいという純粋な思い。

わたしたちyinyangも、ヨガウェアをツールに地球環境を守るため、心地良い循環を繋ぐために何ができるのか。

2021年の方向性をチームで再確認できた徳島 STUDY TOURでした!

ご協力いただいた皆さまありがとうございました!!!

Zero Waste Japan

cafe polestar

すぎとやま (KINOF)

上勝ゼロ・ウェイストセンター

RISE&WIN

徳島県立城西高校

21世紀バナナ

Azusa