あたたかな循環のあるくらし

こんにちは!Maayaです。

わたしは普段は松井山手のyinyang Base Shopでウェアの企画をしたり、TAMISAでヨガして暮らしています。

yinyangでは 2009年からモデルを始め販売や企画を担当しているので、もしかしたらどこかでお会いしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

去年の7月、yinyang Base Shopのオープンと同時にあたらしいお買い物と交流の場「naked market」というマーケットをはじめました。
毎月2回、nature(松井山手)とcity(三条寺町)と名付けて開催をしています。

naked marketとはその名前の通り、お野菜や食材や生活用品、物販などがむき出しの状態でプラフリーで購入できるマーケット。

純粋に欲しいもの、必要なものを提供できる農家さんや料理人、クリエイター達にリクエストし、当日は
・余分なゴミが出ないこと(使い捨てプラフリー)
・プラントベースであること(veganの食材)
で出店することに協力していただいてます。

そして足を運んでくださる方には
・エコバッグやタンブラー、カトラリー、瓶の持参
・ゴミが出た場合はお持ち帰りいただく
ことに挑戦していただくというスタイルで、参加するすべての方にとっての実験&実践の機会となっているのです。

具体的には
とれたての美しいお野菜をファーマーから直接。
こだわりの食やコーヒー、コンブチャを作り手から直接。
エフォートレスだけど抜群のセンスにときめく、アクセサリーやお洋服をクリエイターから直接。
日頃からエシカルな暮らしを実践している人がセレクトした、エコな素材でできた暮らしに役立つ品を直接お話を聞きながら。
アロマやスキンフードまでエキスパートがいるのでワークショップ形式で、自分好みのものが作れたりと。
とにかく人と人が繋がる場なので、みんながワクワク、目をキラキラさせながら1日を過ごすのがとってもハッピーで印象的です。

blog

毎月するとコミットすることができたのは、実は去年からの状況によって、本当だったらスキさえあらば海外へピョン!と出かけていたわたしたちが長く日本にいることになったから、というのも後押ししていて。
今ではすっかり!地元に2週間に1回のステキなマーケットが登場する楽しい暮らしが根付いてきましたよ。

そんなわけで、お家の中には知っている誰かから手に入れた暖かいアイテムばかり。以前は無意識に使っていたけれど、もう必要ないものはどんどん減っていき、見渡す限りとってもシンプルで愛に溢れる循環が起こっています。それがここ最近のわたしにとって楽しくて仕方ないことです。

こうやって暖かい循環が広がってずっと続くこれからが楽しみでならないのです。

blog

blog

今日はyinyangから新しくHemp Collectionが登場しました。
素材に選んだヘンプは、栽培時に農薬を必要としないこと、丈夫な生地なことに注目し、以前からバリにいるオーナーのゆーやんが楽しみにしていた企画の一つです。
とっても着心地の良いふわふわなウェアですので、ぜひ覗いてみてくださいね!

blog

naked marketでも並んでるので、ご試着して見たい方はぜひ遊びに着ていただけるとみんなで大喜びです。

それではまた♡

Maaya