オーガニックライフ 尾井理恵さん

YinYang アンバサダー
尾井理恵さん
尾井理恵
Rie Oi
「Be Present」 代表
フリーヨガインストラクター
Foodインストラクター

みなさん、こんにちは!
YinYangアンバサダーの尾井理恵です。

私たちの生活の基本の部分、衣食住。
この3つが心地よくシンプルで、そして豊かさを感じられれば、ものすごく幸せを感じられるんだろうなと、そこを日々目指して過ごしています。

どうしても情報や刺激が強い世界にいると、沢山のものを持っている方が豊かに思え、心もあちこち浮遊してしまいます。

自分にとって必要なものは何か?を知るために、フラットな場所に戻るために、
多くの人がYOGAを身近なものにしてくれると嬉しいし、そのために日々のクラスは心をこめて行っています☆

今回はその衣食住の「住」の部分の大切さ、面白さをお伝えします!

昨年ヨガ&ベジクッキングのリトリートを開催させて頂いた場所、千葉の茂原の古民家の大改修プロジェクトに参加してきました。
家主である友人夫婦はヴィパッサナー瞑想を生活に取り入れているお二人で、朝晩1時間ずつの瞑想を欠かしません(すごい!)。

築160年の古民家は、建てるのに5年ほどの歳月がかかったそうです。
今でこそ木材や土や砂を運ぶのに、大型トラックが敷地の前まで届けてもらえますが当時は人力であったはずですから、その年月も頷けます。
日本の伝統工法で建てられた家は、見事なまでに「木と土と石」という極シンプルな物達で作られていました。そしてそれらはまたリサイクル出来ていく。

土台からすべて整えていく作業は、労力もお金もかかります。
壊して新しい家を建てた方が「早いし安い」とオーナーも分かっています。
けれど、自然との調和を大切に、先人の知恵を読み解き敬いつつ、再生を目指し、日本の気候や土地にあったスローライフを目指す姿は、すごく幸せそうで、その過程や体験をみんなとシェアするために、改修プロジェクトをワークショップ型(無料)で発信しています。
どなたでも参加出来るので、コラムを読んで「行きたい!実際に体験してみたい!」と思われたら、東京からたった1時間ですので、ぜひ行ってみてください。

美味しい空気と突き抜ける青空と、ひんやりとした土と木と石、そしてオーナー夫妻の素敵な笑顔が待っています。
https://www.facebook.com/housensaryou?fref=ts

私は横浜の元町近くのマンションを自宅兼スタジオにしています。
鉄筋コンクリート造りですが、1階の庭付きという、都市生活のわりに土着しているところに多少安心感があるのでしょうね。とても気に入っています(お気に入りになるように手を入れてきました)。
なかなか100%の満足を手に入れるのは難しいかもしれませんが、その中でも「自分らしく」いられる住まいのあり方次第で、どこにいても豊かさはいくらでも感じられると思います。