火のコントロール ~ 福田真理さん

YinYang アンバサダー
福田真理さん
福田真理
Mari Fukuda
アーユルヴェーダ講師、プラクティショナー、ヨガインストラクター
Academy of Ayurveda主宰

こんにちは、Mariです♪

猛暑が続いていますが、夏バテなどで体調を崩していないでしょうか。

海やバーベキューなどアウトドアのアクティビティー三昧な夏は楽しみがいっぱい!
夏休み中の子供達みたいに、ワクワク楽しい日々だと思いますが、気をつけたいのは体調管理。外は暑いのに中は涼しく気温の変動が激しいため体温を乱します。その結果、消化機能も弱まり食欲の低下や体のだるさ、夏風邪を引いてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな時こそ、無理な行動はできるだけ避けエネルギーを消耗させないことが大切です。日頃のエクササイズやヨガの練習も見直したいところ。

特にハードなヨガで、暑さに負けず汗を流している!なんて方は要注意です。

汗をたくさんかくこと=スッキリすることののように思えます。しかし実はそのようなヨガを行うことで、むしろ熱を内側に閉じ込めている可能性があります。熱がこもると、身体も精神も消耗し、結果的に自律神経の乱れに繋がります。
 
例えば、『疲れているはずなのに、寝付けないことがある』
そんな時は、神経の乱れが関係しているので、リラックス効果の高いヨガと軽いストレッチを加えながら循環を高めると、神経を落ち着かせ質の良い眠りにつけます。また、冷房の効いた部屋に長時間いると体が冷えてしまうので、温かいものを飲んだり、少しだけ冷房を消したりして体を冷やさないように気をつけましょう。
 
私が伝えているアーユルヴェーダヨガでは、今まさに‟熱のコントロール”をキーワードに、消耗知らずの心身、自律神経の整調を目指しています!

IMG_1102

暑いから冷たいものを欲しますが、これも内臓機能を冷やし、消化機能、自律神経を乱します。シンプルで消化に優しい食事を心がけて不調知らずな夏を楽しみましょう!