ヨガ哲学(1)–タパス

Yoga Philosophy (1) — Tapas
ヨガ哲学(1)–タパス

I love reading about yoga philosophy. Most of the yoga poses we practice today are relatively recent inventions and constantly evolving, but the yoga philosophy is timeless, these ancient wisdoms written in more than 2000 years ago still work as a guidance for us in the modern world as how to live a better life.
私はヨガ哲学の本を読むことが大好きです。 私達が現在 実践しているヨガポーズのほとんどは比較的最近になって考案されたもので常に進化し続けていますが、ヨガ哲学は不朽で 2000年以上前に書かれたこれらの古来の叡智は 私達が現代世界で よりよく生きるためにどうすればよいかの導きとなってくれます。

Tapas is one of the niyamas in the Eight Limbs of Yoga. The word came from the root “tap”, meaning “to heat”. The heat generated by practicing tapas will burn off physical and mental impurities and refine the body and the mind.
タパスは、ヨガ哲学で説かれる ヨガ八支則、ニヤマのうちの一つです。その語源は熱するという意味の「タプ」から来ています。タパスを実践することによって起こる熱は、身体的 また精神的な不純物を燃やしつくし、身体と心に磨きをかけます。

For example, a vigorous asana practice creates heat to detoxify the body, a self-disciplined meditation practice creates discomforts and impatience, which will train the mind to be stronger.
例えば、力強いアサナの練習は身体をデトックスするための熱を生み出し、自分自身を律する瞑想の練習では 不快感や焦燥感を 生み出し、それらが心をさらに強くしていきます。

In order to live a better life, we need to get rid of old habits that don’t serve us anymore and to make rooms for the new habits that will help us to improve our health, our work, and our life. In the process of making that positive changes, tapas is needed as a catalyst or the energy, that pushes the changes forward. In this sense, tapas means to cultivate a sense of hard work, self discipline, passion, and courage.
より良い人生を送るためには、自分に合わなくなった古い習慣は断ち切り、人生や仕事や健康を改善する助けとなる新しい習慣のために余裕を持つ必要があります。 そのような前向きな変化を起こす過程において、タパスは手段やエネルギーとして必要になります。この意味では タパスは 大変な努力、自己規律、熱意、勇気を養うことを意味します。

Think about the new year resolutions you created at the beginning of the year, are you working on your goals? Achieving new year solutions definitely doesn’t come easy for me. I could achieve some at the end of the year, but failed many in the past. When I failed the goals I set out to do, I sometimes felt frustrated and blamed myself for not working harder, not having enough self discipline.
年始に決めた新年の抱負を考えてみると、目標に向けて取り組んでいるでしょうか。 私にとっては新年の抱負を達成することは、 簡単には全くいきません。年末までにいくつかは達成 出来ましたが、過去に多く失敗したことがあります。決めた目標を達成出来なかったとき、熱心にとりくまなかったことや 自己規律を十分に持たなかった自分に失望し、自分を責めることがあります。
But recently I have read about a research done by a psychologist, Dr. Baumeister. It showed that self discipline is a limited resource, meaning if you overuse it, it will be depleted. I realized that in order to achieve the goals I set out to do, it’s not that I need more self-discipline. Instead, I should use the right methods and to utilize my own limited resource of self-discipline to the fullest. Here are three tips I want to share with you about how I make positive changes in my life.
しかし最近 私は心理学者のBaumeister博士の研究を読みました。それは自己規律は限られた活力源でしかないということ、すなわち 使いすぎると 枯渇してしまうということです。決めた目標を達成するためには、自己規律をさらに必要とするのではないと気づきました。代わりに、正しい方法を使って、自分自身の限られた自己規律の活力源を最大限に使うべきです。ここで、建設的な変化を人生に起こすにはどうしたらいいか、ヒント3つを皆さんと共有したいと思います。

First of all, your goal has to be specific and don’t make it too difficult to achieve. For example, One thing I try to keep up with is reading. If you set your goal as “to read more books”, then it’s too vague and very difficult to follow through. Every time I start a new book I would set a goal of the number of pages I want to read in a day. If the book is an easy read, I can prababy get through 20 pages a day. If the font is small or the content looks difficult to digest, I would set about 8 pages a day. If your goal is too difficult to achieve, you are likely to deplete your self-discipline and give up the whole thing all together.
まずはじめに、目標を明確にして、達成が難しすぎないようにしましょう。例えば、私が継続しようと努めていることは 読書です。もし「もっとたくさんの本を読む」という目標を立てたとすると、あまりに不明確なので やり通すことは難しいです。私はいつも新しい本を読み始めるとき、1日に何ページ読みたいかを決めます。読みやすい本であれば、1日およそ20ページは読みきることできます。文字が小さかったり内容を理解するのが難しそうな本であれば、1日に 8ページぐらいと決めるでしょう。目標の達成が難しすぎると、自己規律を消耗してしまい 全部まとめて諦めてしまいます。

Second, you need to set a time to do it. For my reading task, I usually try to read 30 minutes a day after my son goes to bed. If I don’t have time that day or if I don’t feel like reading, I still try to read 5 minutes. Do a little bit is always better than nothing.
2つめは、する時間を決めることです。読書については、私はいつも 息子が眠りについてから 1日30分 読もうとしています。もし読書の時間を持てない日や、本を読む気分ではないときは、5分だけでも読もうとしています。何もしないよりは 少しだけでもするほうが良いです。

Third, try to reward and pamper yourself regularly. Every time I finish a book, I would buy myself a little something. It could be a delicious cake or some lovely flowers. That always gives me a little more motivation. Of course the reward I earn from reading books is itself tremendous, but isn’t it nice to give yourself a little compliment for your own effort?
3つめは、定期的に自分を甘やかしたりご褒美を与えることです。本を一冊読み終える度に、私は自分に ささやかなプレゼントを買っています。美味しいケーキであったり、可愛いらしいお花などです。さらに少しモチベーションを与えてくれます。もちろん、本を読むことによって得られる価値そのものがとても素晴らしいですが、自分の努力に対して 少しほめてあげることも素敵なことではないでしょうか。

Once you’ve done it many days in a roll, it will become your habit, then you would not need as much as self discipline to keep it going.
日々繰り返し続けていると、やがて習慣になり、続けていくための自己規律はそれほど必要ではなくなります。

Every time we try to change something, the body or the mind will naturally try to resist, they like to stay in their own comfort zone. But overcoming the resistance that hinders us will bring us closer to achieving our goals in life and help us to be a better person, that’s the practice of tapas.
心と身体は、慣れた状態に留まろうとするので、何かを変えようとするときはいつも 当然のことながら抵抗しようとします。しかし、私達を阻むその抵抗を乗り越えることは、人生の目標達成に近づき、成長するための助けとなります。それがタパスの実践です。

英語:Sandra Fang
日本語通訳:Eriko Matsumoto

サンドラ着用ウェア 2019SS 新作
トップス [Kyoto] リブノースリーブ ダークグレー
http://shop.yin-yang.jp/?pid=137716798
ボトムス [Bali]ボタニカルレギンス・アシンメトリー ネイビー
http://shop.yin-yang.jp/?pid=137716792