ウッティター ハスタ パーダングシュターサナ

About this Column
Welcome to my Yin Yang yoga wear column! As a long-time yoga practitioner and yoga teacher, I’m aware of the immense benefits yoga can offer to anyone. Whether you’re attracted to yoga for physical health, for a healthier lifestyle, for better focus on work, or for better relationships with others, yoga can help on all those aspects. Unfortunately there’s only so much I can share in this column, so don’t hesitate to join classes at your local studio and to practice with professional teachers regularly to receive the full benefits of yoga.

このコラムについて
Yin Yangヨガウェアのコラムへ ようこそ。私は 長年にわたるヨガの実践者また講師として、ヨガはどんな方へも計り知れない恩恵を与えうると感じています。心身の健康のため、より健康的なライフスタイルのため、集中力を仕事でより高めるため、周りの人達とより良い関係を築くため等、どんな魅力をヨガに感じていようと、ヨガはそれら全ての側面の助けとなることができます。このコラムでは たくさんあるうちのほんの少ししかお話できないことが残念ですが、ヨガのたくさんの恩恵に預かれるように、ぜひともお近くのヨガスタジオのレッスンに参加したり、プロの先生方のもとで 一緒に練習してみてください。
 
 

Utthita Hasta Padangusthasana
ウッティター ハスタ パーダングシュターサナ

Utthita: extended
Hasta: hand
Pada: foot
Angustha: big toe
Asana: pose

ウッティター: 伸ばす
ハスタ: 手
パーダ: 足
アングシュター: 親指
アーサナ: ポーズ

Utthita hasta padangusthasana, or the extended hand to big toe pose, is a challenging yet invigorating pose that stretches the hips, strengthens the legs, and focuses the mind.

ウッティターハスタパーダングシュターサナ(足の親指を手でつかんで伸ばすポーズ)は、骨盤周りの筋肉を伸ばし、両脚を強くし、心を集中させる、チャレンジングですが爽快な気分にさせるポーズです。

This pose is not easy for beginners because of the flexibility it requires in the groins and hamstrings. Before we go into the pose we can practice stretching out the hips on the floor with a strap.

このポーズは、股関節とハムストリングの柔軟性を必要とするため、ヨガを始めたばかりの人にとっては簡単ではありません。このポーズをする前に、床に寝転んでヨガストラップを使いながら、骨盤周りの筋肉を伸ばす練習をすると良いでしょう。

Besides flexibility, strength of the legs and core is the key to find balance in this pose. Tree pose is a great pose to prepare the body for that. Focus on grounding the standing leg into the earth while lengthening through the spine and extend the crown of the head upward. Feel how the muscles around the standing leg and hips activating to stabilize the body.

柔軟性と共に、脚と胴体の強さが このポーズでバランスをとるための秘訣です。
身体の準備するためには、ツリーポーズ(木のポーズ)が最適なポーズです。
背骨から身体をまっすぐ伸ばし頭頂を上方向へと伸ばしながら、立っている脚を大地に根付かせることに意識を向けましょう。身体を安定させるために、骨盤や脚のまわりの筋肉がどう働いているかを感じましょう。

After the preparation, we can try to enter utthita hasta padangusthasana. From tadasana, shift your body weight onto one leg, hold the big toe or the outer edge of the other foot, then try to extend the leg forward steadily. Stay here for a few breaths before taking the leg out to the side.

準備が終わったら、ウッティター ハスタ パーダングシュターサナをしてみましょう。 タダーサナから、どちらか一方の脚に体重を移動させて、もう一方の足の親指か 足の外側を持って、脚をゆっくりと前に伸ばしていきましょう。脚を横に広げる前に、ここで数回 呼吸をしましょう。

How did it go? Did you manage to balance yourself in the pose? Try again with a smile if you fall.

どうでしたか? このポーズでバランスをとることができましたか? 失敗しても、笑顔でもう一度トライしてみましょう。

Yoga is defined by more than the ability to put the body into various shapes, through the breaths and movements we bring the mind to an equanimous state. Yoga master Iyengar once said, “Yoga is a mirror to look at ourselves from within.” As we practice asana we can observe the mind from moment to moment. When the mind is busy or disturbed, it’s unlikely to stay in a balance pose for a long time. When the mind is calm, even challenging poses become easier to access. This pose helps us to train the mind so we learn how to face the ups and downs of life with more calmness and composure.

ヨガは、身体で様々なポーズがとれる能力よりも、呼吸と動きで心を落ち着いた状態にすることだと定義されます。ヨガの師であるアイアンガーはかつてこう言いました。「ヨガは、自分自身を内側から見つめ直すための鏡である。」アーサナを練習していくと、心を一瞬一瞬観察することができます。心が慌ただしかったり乱れているとき、バランスポーズを長く保つことは出来ません。心が穏やかなときは、チャレンジングなポーズでさえも簡単に行うことができます。このポーズは、日々の生活の中での浮き沈みに対してもっと穏やかに落ち着いて向き合うことができるよう、心を鍛えることに役立ってくれるでしょう。
 
 

英語:Sandra Fang
日本語通訳:Eriko Matsumoto

 
 
 
トップス:バッククロスタンク#ホワイト、ボトムス:トムボーイハーフパンツ#パープル