ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー

【コラムINDEX】

  1. ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー
  2. ヨガで繋がる世界 ~ 台湾 (2017年2月掲載予定)
  3. ヨガで繋がる世界 ~ タイ・ミャンマー (2017年4月掲載予定)
  4. ヨガで繋がる世界 ~ バリ (2017年6月掲載予定)
  5. ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ (2017年8月掲載予定)
  6. ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク (2017年10月掲載予定)

このコラムについて

旅とヨガ、私の愛するこの2つがテーマです。ひとつは外側に広がる世界を探求するもの、そしてもうひとつは私を内側へと誘うもの。新たな地を訪れたら、その地でのヨガシーンと、ヨガが与えるコミュニティへの影響に私は興味が湧きます。ヨガというレンズを通して見る世界の6つのストーリーを、どうぞご一緒に。

ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー

バンクーバーは北米で最も来訪者の多い都市のひとつであり、また私が人生の大半を過ごしてきた場所、私が「故郷」と呼ぶ場所でもあります。

バンクーバーを訪れたことがない方のために申し添えると、バンクーバーは世界で最も多様な文化を誇る都市のひとつで、半数近い住民は外見からそれと分かる少数民族です。ダウンタウンを訪れるだけでは真のバンクーバーを見たとは言えません。ダウンタウンからバスやスカイトレインに飛び乗り他の街を訪れれば、都市の各地にはっきりとした個性や民族の混在が見て取れるでしょう。バンクーバーっ子はその多様な文化を誇りとしています。出自の異なる人々が互いに心地よく暮らしながらも、個々の個性は捨てていないわけです。

vancouver-01

バンクーバーは海と山に囲まれた緑の大都市です。アウトドアなら雪山も太陽の降り注ぐビーチも両方楽しめるのがここの人々です。夏場は午前4時から午後10時まで日の沈まない毎日で、週末にはたくさんのウォーキングルートやハイキングトレイルから素晴らしい景色を楽しめます。自転車やランニングシューズの人達がたくさん、そしてヨガマットも至る所で見かけます。スポーツウェアやヨガウェアは、エクササイズの時だけでなくカジュアルウェアの一部となっています。街中にオーガニックスーパーが当たり前の様にあり、最近ではコンブチャが大人気となっています。カナダで最も健康意識の高い都市がバンクーバーだと言っても過言ではないでしょう。

vancouver-02

バンクーバーはいつも美しい、というわけではありません。冬場は天気も鬱々として、好ましからざるニックネームが付けられもしますー「レインクーバー」(Raincouver) と。1ヶ月の30日間のうち28日間も小雨が続くなんていうことも稀ではありません。では冬場は何をして過ごすのでしょうか?雪山でスキーを?それとも家のテレビの前でホッケー観戦を?さて、ここでリストに挙がってくるのがヨガなんです。

この地で私がヨガを始めた10年以上前から、ヨガは着実に人気を博してきました。様々な規模のスタジオができ、80人以上が参加するような人気クラスもあります。ヨガはゆっくりとライフスタイルの一部になってきました。クラスには老若男女が参加し、肌の色の異なる人々が一緒に練習しています。ヨガ歴の長い人がアドバンスポーズに挑戦する一方で、初心者はチャイルドポーズで息を整えたりと、皆が同じペースで動くわけではないこともあります。多様性と自由、これがカナディアンスピリットであり、ヨガクラスの中でさえそれを感じることができるでしょう。
バンクーバーでヨガを教えている日本人のトモさんはバンクーバー人の多様性と自由についてこう語ってくれました。「この都市では出自の異なる人々が一緒に暮らしていますから、人と違っていいということが当たり前なんです。それはヨガのクラスでも体感することができます。性別、人種、年齢、体の柔軟性などを他の人と比べることはせずに、純粋にヨガを楽しむために練習を行っています。」

vancouver-03
Tomo yoga フェイスブックページwww.facebook.com/tomoyoga1

トモさんは6年前にバンクーバーへ移り、英語と日本語でヨガを教えています。その中のひとつがESLヨガ(ESLは「第2言語としての英語」の意)というクラスで、シンプルな英語でヨガを練習したいと願う移民や旅行者をターゲットとしています。バンクーバーの街並みを見下ろすことのできる贅沢なレンタルスペースにて、かつて彼のクラスに参加したことがあります。トモさんのクラスでは、ヨガの練習を通じて人々をひとつにしようという強い情熱と意図に感動しました。

これが私の愛するバンクーバー、民族的に多様でありつつも個々が自らの出自を尊重し、なおかつ他者の文化も大切にする。ヨガの練習の美点とは、受容を学べること。自分の肉体、自分の皮膚、そして自分の受け継ぐものの中で心地良くあることを学ぶ。自分自身を受け容れることができる時にのみ、私たちは他者への思い遣りを学ぶことができるのです。

英語・中国語:Sandra Fang
日本語通訳:本田紀子

【INDEX】

  1. A World Connected by Yoga — Vancouver
  2. A World Connected by Yoga — Taiwan
  3. A World Connected by Yoga — Thailand & Myanmar
  4. A World Connected by Yoga — Bali
  5. A World Connected by Yoga — Santorini
  6. A World Connected by Yoga — Denmark

About This Column

This is a column about traveling and yoga, two of my passions. One allows me to explore the world outward, whereas the other leads me inward. Whenever I visit a new place, I’m interested in finding out the yoga scene there and the impact of yoga on the local community. Now follow me on a series of six writings to see the world through the lens of yoga.

A World Connected by Yoga

Vancouver is one of the most visited cities in North America, it’s also a place where I have spent the majority of my life living in, a place where I call home.

For those of you who have never been to Vancouver, it is one of the most culturally diverse cities in the world, with nearly half of the residents being visible minorities. If you only visit downtown, then you have not seen the real Vancouver. Hop on to a bus or the skytrain from downtown to other neighbourhoods, you will find distinct characters and ethnic mix in other areas of the city. The Vancouverites are proud of their diverse culture. It’s a place where people with different backgrounds feel comfortable living together, yet still retaining their individual characteristics.

vancouver-04

This city is a green metropolis surrounded by sea and mountains. People here enjoy outdoor activities both up on the snow slopes and down by the sunny beaches. In the summer, when the sun shows up from 4am to 10pm everyday, there is a multitude of walking routes and hiking trails with remarkable views to fill your weekends. People with bikes and running shoes are everywhere, yoga mats are ubiquitous. Sportswear and yoga clothes are not just for exercising, but a part of the casual wear. Organic supermarkets are popping up around the city, recently kombucha has become a big hit. It’s no exaggeration to say that Vancouver is the most health conscious city in Canada.

vancouver-05

Vancouver is not always beautiful. The weather can get quite depressing during the winter season, that’s how Vancouver got its unpopular nickname — Raincouver. It’s not that uncommon to see light drizzle in 28 days out of 30 days in a month. What do people do during the winter season? Going skiing on the slopes? Watching hockey at home in front of the TV? Now, one more activity to add to the list, doing yoga.

Since I started yoga here more than 10 years ago, yoga has grown vigorously in popularity. Studios come in different sizes, the popular classes can fill up to more than eighty people. Yoga has slowly become a part of people’s lifestyle. In a class, you would see men and women, senior and young, people of different skin colors practicing yoga together. They might not all move at the same pace, experienced yogis challenge advanced poses while beginners rest in child’s pose to catch up with the breath. You can feel a sense of diversity and freedom, the Canadian spirit, even in a yoga class.

Tomo, a Japanese yoga teacher whom I met in Vancouver explained about this, “People with different backgrounds come together and live in this city, it’s natural that we are not the same. This understanding is reflected on how Vancouverites treat each other, and also how they behave in a yoga class. People are not self-conscious about gender and flexibility when it comes to yoga practice, they simply enjoy the practice.”

vancouver-06
Tomo yoga Facebook: www.facebook.com/tomoyoga1

Tomo moved to Vancouver 6 years ago and he’s teaching yoga here in both English and Japanese. One of the classes he teaches is ESL yoga (ESL: English as a Second Language), targeting immigrants and visitors who want to practice yoga in simple English. I joined his class once at a rental space which overlooks the beautiful skyline of downtown Vancouver. In Tomo’s class, I was inspired by his strong passion and intention to bring people together through the yoga practice.

This is the Vancouver I love, so ethically diverse and yet people celebrate their own roots while embracing other cultures. The beauty of a yoga practice is that it helps us learn acceptance. We learn to be comfortable in our own body, in our own skin, and in our own heritage. Only when we are able to give ourselves acceptance, can we learn how to be compassionate for others.

【專欄目錄】

  1. 透過瑜伽看世界 ~ 溫哥華
  2. 透過瑜伽看世界 ~ 台灣
  3. 透過瑜伽看世界 ~ 泰國/緬甸
  4. 透過瑜伽看世界 ~ 峇里島
  5. 透過瑜伽看世界 ~ 聖托里尼島
  6. 透過瑜伽看世界 ~ 丹麥

關於專欄

這是一個關於旅行和瑜伽的專欄,我的兩大熱忱。 前者引導我出去看外面的世界,後者讓我探索內心。每當我走到一個新的地方,我總是希望多了解當地的瑜伽發展,想要知道瑜伽對那裡生活的人們有什麼影響。我邀請大家跟著我,透過瑜伽的鏡頭去看世界。

通過瑜伽看世界

溫哥華,這個位於加拿大西岸的美麗城市,是我大半生居住過的地方,是我叫故鄉的地方。

沒來過溫哥華的朋友也許不知道,這是一個世界上文化最多元的城市之一,有將近半數的少数族裔。如果你只去過那裡的商业区,那你還沒有見過真正的溫哥華。跳上巴士或天鐵走出市中心,你會看到許多具有獨特風格的少數人種的居住地區。這是一個大家可以舒適的居住在一起,又不失自己獨特文化的城市。

vancouver-07

這是一個依山伴海的綠色大都市。人們喜歡上雪山下海灘的戶外活動。在夏天,太陽早上四點升起晚上十點下山。週末有數不盡的远足及爬山径可以供人選擇。騎著腳踏車穿著跑鞋的人到處可見,背著瑜伽墊子的人也不少。瑜伽服不僅僅是運動時穿的,是人們休閒服的一種。有機食品超市不難找到,康普茶最近非常流行。說溫哥華是加拿大健康意識最強的城市一點都不為過。
溫哥華不是總是美麗怡人的。冬天是讓人非常沮喪的季節。溫哥華有一個不受欢迎的小名,叫做雨哥華 (Raincouver) 。一個月三十天中二十八天一直下小雨的情況並不稀奇。那人們冬天做什麼呢?去雪山滑雪?在家看冰上曲棍球?現在多了一件事可以做,那就是練習瑜伽。

vancouver-08

瑜伽從我十幾年前在這裏開始練習到現在發展的很蓬勃。新的瑜伽館開了不少,受觀迎的課有超過八十人的參加。瑜伽已經融入到人們生活中的一部分。在一堂課上,有男女老少,不同族裔不同膚色的人們一起練習。瑜伽經驗長的人會挑戰不同的體位式,初學者會在孩童式平緩呼吸,大家不是都在同一節奏中練習的。即使在瑜伽課堂上,我們也可以感受到加拿大的精神 - 多元化與自由。

Tomo,一位我在溫哥華認識的來自日本的瑜伽教師,是這樣解釋這樣的氣氛,“在這裏居住的人來自不同地方帶著不同背景聚集在這裏。大家都不一樣,這是理所當然的。大家明白自己可以與其他人不同。在瑜伽的教室裡也是這樣,我們不需要去和他人比較年齡,人種,或是柔軟度。純粹自己享受這個練習就可以了。”

vancouver-09
Tomo yoga Facebook: www.facebook.com/tomoyoga1

Tomo 是6年前來到了溫哥華,在這裏用英語和日語教瑜伽。其中他教的一堂課教ESL瑜伽。專門為英文不是第一語言的移民和遊客開的用簡單英文上的課。我參加過他的課一次,在舒適可以看到溫哥華商業區風景的空間,我被他希望用瑜伽練習把大家帶到一起的熱忱而感動。

這是我喜愛的溫哥華,大家不忘自己的根而且尊重他人的文化背景。瑜伽是一個讓我們學習接受的練習。我們學習如何與自己的身體,膚色,文化背景和平共處。只有當我們學會接受自己,才有可能對他人有慈悲之心。