メディテーションのための陰ヨガポーズ

メディテーションは、アーサナという身体の枠を越えて、思考へのアプローチをしていくものです。適切なメディテーションを行うには、静かに座れること、または静寂さを持つこと、そしてマインドフルネスを理解することが大切です。

メディテーションをする際には、自分が楽な姿勢であれば、どんな座り方でも構いませんが、座禅と同様に、蓮華座(ロータス)または半蓮華座(ハーフロータス)で座ると、よりグラウンディングと集中がしやすくなるように感じます。

このポーズは、シューレースというポーズです。解剖学的には、蓮華座や半蓮華座と同じ構造を持つポーズです。初心者さんは、ボルスターやブロックに座って行ってみましょう。