ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク

【コラムINDEX】

  1. ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー
  2. ヨガで繋がる世界 ~ 台湾
  3. ヨガで繋がる世界 ~ ミャンマー
  4. ヨガで繋がる世界 ~ バリ
  5. ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ
  6. ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク

このコラムについて

旅とヨガ、私の愛するこの2つがテーマです。ひとつは外側に広がる世界を探求するもの、そしてもうひとつは私を内側へと誘うもの。新たな地を訪れたら、その地でのヨガシーンと、ヨガが与えるコミュニティへの影響に私は興味が湧きます。ヨガというレンズを通して見る世界の6つのストーリーを、どうぞご一緒に。

ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク

デンマークは北欧諸国の一つで人口は570万人、国連の世界幸福度報告において過去数年の間、世界で最も幸福な国のひとつとされています。政府の腐敗が無いことと、素晴らしい社会福祉制度
のおかげで、デンマーク人は高い国民の幸福度と、人生の選択をする自由を享受しています。

私がデンマークを訪れたのは11月中旬の深い秋の頃でした。クリスマスまでひと月以上ありながら、コペンハーゲンの古い港ニューハウンはすでにクリスマスマーケットの様相を呈していました。世界最古のテーマパークであるチボリ公園では、毎年恒例のクリスマスイルミネーションが行われ、まるでおとぎ話のように幻想的な世界を作り出していました。これから訪れる、冷たく長い北欧冬の季節を、明るく照らしているようでした。プライベートな時間をいかにうまく過ごすか、そしてデンマーク語で「居心地良く暖かい」という意味の “hygge”という感じをいかに作り出すかということを、デンマーク人が知っていることは明らかでした。


(コペンハーゲンの ニューハウンとチボリ公園)

こんなに幸福度の高い国家においてヨガがどんな役割を果たしているのかについて、私は非常に興味を持って訪れていました。コペンハーゲンにあるヨガムドラスタジオ(Yoga Mudra Studio) のメインティーチャーでオーナーでもあるピーターにインタビューをしました。ピーター曰く、「デンマーク人は非常に高額の納税をし、それと引き換えに素晴らしい社会保障とヘルスケアと年金を受け取っています。確かに、デンマーク人は一般的にワークライフバランスが取れていると思いますし、お金持ちと貧乏な人の格差も少ない。でも世界中の他の都市と同じように、ストレスレベルは上がっています。今はみんながもっともっと求めるようになっているからだと私は思います。10年前は陰ヨガを練習したがる人などいませんでしたが、最近は陰ヨガも人気が増しています。手放すという概念と、ストレスマネジメントの必要性、これらが多くの人にいま必要とされています」と。


(コペンハーゲンにあるヨガムドラスタジオ のメインティーチャーでオーナーでもあるピーターにインタビュー)

コペンハーゲンでは至るところにヨガスタジオがありますが、スタジオでのみヨガが行われているわけではありません。私たちが Nordfyns Højskole (Højskoleとはデンマークの主に青少年少女のための全寮制学校)というデンマークのローカルスクールを訪問した時、有資格のヨガティーチャーが指導するクラスで生徒たちがヨガを練習しているのを見ました。後で分かったのは、「食生活と健康」プログラムの一部としてヨガが提供され、生徒がより健康でもっとアクティブなライフスタイルを送るのを助けているということでした。


(Nordfyns Højskoleのヨガクラスの風景)

ピーターはまた、「コペンハーゲンではヨガが提供されているところはたくさんあります。私たちのヨガティーチャートレーニングプログラムでは、学校の先生やお医者さんが受講しています。資格を取ったら、この人たちがコミュニティや学校や病院へと、ヨガの練習を広げるのです」とも言っていました。

コペンハーゲンではさまざまな人々へとヨガがいかに広く伝わっているかということに、とてもインスピレーションを得ました。日本に戻ってから、日本ではヨガの発展が成熟レベルに至るのはまだ長い道のりがあると常に感じています。私の観察によれば、日本でヨガを練習するのは30歳代から60歳代の女性が中心です。しかし、練習から本当に利益を享受できるもっと多くの人々が、ヨガを試す機会が無いのだといつも感じています。ヨガティーチャーとしては、高い水準を設定し、自らのヨガの知識を深め、さまざまな人生を歩むあらゆる年齢の人々にもっとヨガを広げていくのを続けること、これこそが本当に我々のミッションなのです。

Yin Yang ヨガウェアの今年のアンバサダーとして、私の6本の記事はこれで完結です。この1年のYin Yang のあらゆるサポートと、私のコラムを見つけ出してくれた全ての読者に本当に感謝しています。来年もYin Yang のアンバサダーを続け、ヨガを通じてコミュニティに貢献してゆきます。

英語・中国語:Sandra Fang
日本語通訳:本田紀子

【INDEX】

  1. A World Connected by Yoga — Vancouver
  2. A World Connected by Yoga — Taiwan
  3. A World Connected by Yoga — Myanmar
  4. A World Connected by Yoga — Bali
  5. A World Connected by Yoga — Santorini
  6. A World Connected by Yoga — Denmark

About This Column

This is a column about traveling and yoga, two of my passions. One allows me to explore the world outward, whereas the other leads me inward. Whenever I visit a new place, I’m interested in finding out the yoga scene there and the impact of yoga on the local community. Now follow me on a series of six writings to see the world through the lens of yoga.

A World Connected by Yoga — Denmark

Denmark, a Scandinavian nation of 5.7 million people, is one of the happiest countries in the world according to the U.N. World Happiness Report in the past few years. Danes has the privilege to enjoy high level of well-being and freedom to make life choices, thanks to the lack of corruption in the government and a great social support system.

When I visited Denmark, it was deep fall in mid-November. Still more than a month to go until Christmas, but in Copenhagen, the old harbour Nyhavn had already transformed into a Christmas market. Lights and decorations were all set up at Tivoli Gardens. The festive atmosphere had brightened up the chilly and long nights in this Scandinavian city. It was obvious that Danes know how to spend their private time well and to create a feeling of “hygge”, the Danish word meaning cosiness and warmth.


(Nyhavn in Copenhagen)

I came here very curious about what role yoga plays in a country with such a high level of happiness. We had an interview with Peter, the main teacher and the owner of Yoga Mudra Studio in Copenhagen. Peter told us, “The Danes pay very high taxes but receive great social security, healthcare and pension in return. Indeed, I think the Danes in general have a good work-life balance and the gap between the rich and the poor is small. But just like other cities in the world, stress level is growing. I think because people are wanting more and more now. 10 years ago, no one would want to practice yin yoga, but recently yin yoga has also increased its popularity. The concept of letting go and the need to manage stress is what many people need the most right now.”


(Interviewing Peter, the main teacher and the owner of Yoga Mudra Studio in Copenhagen)

In Copenhagen, yoga studios are everywhere, but studios are not the only place you can find yoga. When we visited a local school in Denmark, Nordfyns Højskole, (Højskole is a boarding school, mainly for young adults in Denmark.) we saw the students in a class were practicing yoga led by a certified yoga teacher. We later learned that yoga is offered as a part of the “Diet and Health” program, which helps students to find a healthier and more active lifestyle.

Peter also told us, “there are many places in Copenhagen that offer yoga. In our yoga teacher training program, we have had school teachers and medical doctors taking the training. After they’ve received the certificates, they bring this practice of yoga back to their communities, schools and hospitals.”

I was so inspired by how wide yoga has reached out to different people in Copenhagen. Coming back to Japan, I’ve always felt that Japan still has a long way to go to reach a mature level of yoga development. In my observation, yoga is mainly practiced by women between 30-60 years of age in Japan. But I always feel that so much more people who can really find benefits from this practice never had the chance to try it. As yoga teachers, it’s really our mission to continue to raise the bar, to deepen our knowledge of yoga, and to reach out to more people of all ages and from all walks of life.

This concludes all my 6 writings for Yin Yang yoga wear this year as an ambassador. I really thank Yin Yang for all the support in the past year and all the readers who sought out my column. In the coming year, I will continue as an ambassador for Yin Yang, and to serve the community through yoga.

【專欄目錄】

  1. 透過瑜伽看世界 ~ 溫哥華
  2. 透過瑜伽看世界 ~ 台灣
  3. 透過瑜伽看世界 ~ 緬甸
  4. 透過瑜伽看世界 ~ 峇里島
  5. 透過瑜伽看世界 ~ 聖托里尼島
  6. 透過瑜伽看世界 ~ 丹麥

關於專欄

這是一個關於旅行和瑜伽的專欄,我的兩大熱忱。 前者引導我出去看外面的世界,後者讓我探索內心。每當我走到一個新的地方,我總是希望多了解當地的瑜伽發展,想要知道瑜伽對那裡生活的人們有什麼影響。我邀請大家跟著我,透過瑜伽的鏡頭去看世界。

透過瑜伽看世界 ~ 丹麥

丹麥,一個約五百七十萬人口的北歐國家,在聯合國 《世界幸福報告》中連續幾年名列前茅。 丹麥人享受著高度的幸福度和自由度,歸功於國家清廉的政府和好的社會援助制度。


(北歐的丹麥)

我去丹麥的時候,是十一月中的晚秋。雖然離聖誕節還有一個多月的時間,但在哥本哈根,港口區已變成了聖誕市集, 趣伏里樂園 (Tivoli Gardens)也亮起了聖誕的彩燈。節日的氣氛把又冷又長的北歐夜晚照亮了。很明顯,丹麥人懂得如果享受私人時間和製造溫暖、舒適的 hygge 氛圍。


(趣伏里樂園 (Tivoli Gardens)亮起了聖誕的彩燈)

我很好奇,在這樣一個幸福的國度,瑜珈在人們的生活中扮演什麼樣的角色。為此我們訪問了哥本哈根 Yoga Mudra Studio 瑜伽館的業主兼瑜珈導師 Peter。他說,“丹麥人們需要繳非常高的稅金但享有很好的社會治安,健康保險和福利。的確,我認為丹麥人總的來說在工作生活之間有很好的平衡,貧富的差距比較小。但是像世界上其他城市一樣,人們的壓力也慢慢在上升。我認為人們想要追求更多的東西。十年前,沒有人會想要練習陰瑜珈,而現在,陰瑜珈慢慢的興起。對於很多的現代人來說,學會放開和管理自己的壓力是最重要的事情。”


(在Yoga Mudra Studio 瑜伽館訪問業主兼瑜珈導師 Peter)

在哥本哈根,瑜珈館到處都是。但瑜伽館並不是唯一可以練習瑜伽的地方。當我們參觀丹麥當地的一所學校,Nordfyns Højskole ( Højskole是丹麥給青年人開的寄宿學校。)的時候,看到有一堂課學生們跟著一位瑜珈導師在練習。之後問學校的老師,才知道瑜珈課是學校開的 ”健康和飲食” 課程的一部分,幫助學生建立更加健康的生活型態。

Peter說,“在哥本哈根,你可以在很多不同的地方看得到瑜珈。在我們瑜伽館的師資培訓班裡,有學校的老師和醫生也來上課。他們拿到牌照後,可以把瑜珈帶回自己的社區裡,像是學校和醫院。”

我非常感動在哥本哈根瑜珈已經深入到了社會不同的群體中。回到日本,我覺得日本的瑜珈發展還有很大的空間。在我觀察,在日本練習瑜珈的群體大多是30-60歲的女性。可是我常常覺得有很多可以從瑜珈受益的人們完全沒有機會認識到瑜珈。對我們瑜珈導師來說,我們有責任去不斷吸收新知識,提到瑜珈導師的專業程度,把瑜珈推廣到不同年齡段和不同的群體裡。

這是今年我做為 Yin Yang 瑜珈服大使所寫的六篇文章裡的最後一篇。真的很感謝Yin Yang 給予我的支持還有大家抽空讀我的專欄。接下來的一年我會繼續接任大使的任務,用瑜珈回報社會。