ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ

【コラムINDEX】

  1. ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー
  2. ヨガで繋がる世界 ~ 台湾
  3. ヨガで繋がる世界 ~ ミャンマー
  4. ヨガで繋がる世界 ~ バリ
  5. ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ
  6. ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク

このコラムについて

旅とヨガ、私の愛するこの2つがテーマです。ひとつは外側に広がる世界を探求するもの、そしてもうひとつは私を内側へと誘うもの。新たな地を訪れたら、その地でのヨガシーンと、ヨガが与えるコミュニティへの影響に私は興味が湧きます。ヨガというレンズを通して見る世界の6つのストーリーを、どうぞご一緒に。

ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ

「最も美しい島」サントリーニ島

ヨーロッパ中の観光客が訪れる国ギリシャ。エーゲ海に浮かぶサントリーニ島は、かつて「最も美しい島」と言われた、世界で最も有名な島の一つ。

火山活動により造り出された断崖の上には、白く彩られた家々が街を形成し、青い空のコントラストと共に美しい風景を作り出しています。夕暮れはエーゲ海の水平線に沈む太陽を眺めることができ、この島から眺めることができる夕日の幻想的な光景は、世界一美しいと称されています。

私も多くの観光客の一人としてこの島に訪れましたが、観光地として有名なこの場所で、ヨガはどのように教えられ、広まっているのだろうかという疑問があり、ヨガレッスンを受けることにしました。

サントリーニ島の中心地であるフィラの隣町Karteradosにあるcavelandホテルで行われるヨガのレッスン。会場のホテルは小さな庭園と大きなスイミングプール、洞窟の中に受付や客室がありリゾート気分を味わえる絶好の場所。観光客で一日中賑わいを見せるフィラとは違い、地元の人も多く住むこの地域は、落ち着いた雰囲気を見せています。ヨガの先生はこのホテルのオーナーでもあるベロニカ先生。私たちは、見晴らしのいいホテルの屋上で沈みゆく太陽を見ながらヨガの練習を始めました。

ベロニカは静かに瞑想を始め、周囲のすべての音を聞くよう私たちに伝えました。彼女のハタ・フローのペースで呼吸すると身体が軽くなります。これは、サントリーニ島の美しい自然とコネクトすることができた静かな時間でした。

ヴェロニカ先生
スロヴァキア出身、旦那さんと一緒にこのホテルを経営しています。ホテルへ訪れる観光客や宿泊客を対象に、ヨガのレッスンを定期的に行っています。

レッスンが終わると空は薄暗い青とバラ色のグラデーション、エーゲ海の深い青色が広がり幻想的な雰囲気に包まれています。私達はホテルの屋根上で変わりゆく空を眺めながら、彼女のヨガの旅を聞くことにしました。

ベロニカが楽しみながらこれまでの体験を話すとき、瞳の中から湧き上がる力のようなものを感じました。私は旅行者や島に住んでいる人たちにヨガを教えるのがすごく好きで、若い人やお年寄りの方がヨガを通して健康的になり人生を楽しんでくれることを見るのが生きがいです。ですので、わたしのモットーは怪我をさせずにゆっくりと、ポーズに集中し楽しくなれる指導法を意識しています。

私は彼女にヨガの先生とは何ですかと質問しました。
「私のヨガや人生に対する考え方は子供ができてから180度変わりました。子供は親に似ていくのではなく、個性があってとてもユニークな存在です。私が教えている生徒さんもまるで子供みたいな存在です。」

社会への恩返し

ヴェロニカは、サントリーニ島で満月が訪れる日に、月の明かりが照らす中でヨガを行うクラスを企画している。このクラスでの収益は野良犬や猫の保護のためにサントリーニ動物福祉協会へ寄付を行っている。「サントリーニ島には多くの野良犬や猫がいます。私はこのイベントを通して、里親が見つかり新しい生活が送れるよう願っています」

私は彼女の考えを聞いて、デヴィッド・ワトソンの言葉を思い出しました。
「ヨギーは、特定の慣行や難しいなアーサナをするだけではありません。ヨギーは、この世界により良い行いをする者です。この世界のすべての私たちの行動から生まれるエネルギーは、波紋のように一定の動きを作り出し、これらの動きは、正または負のいずれかになります。そして、私達の存在によって世界はより良くするかどうか、自分自身に問いかけています。」

島のライフスタイル

サントリーニ島はシーズンの間、休暇のためにたくさんの人が訪れますが、現地に住んでいる人たちはどのような生活をしているのでしょうか。
「ここに住んでいる人はたくさんのストレスを抱えていると思います。この島は観光業の仕事についている人がほとんどで、観光シーズンには休みを取らずに働くからです。逆にシーズンオフの時は、ほとんどの人が島から離れてしまします。シーズン中の少ない時間で1年のお金を稼がないといけないので、とても強いプレッシャーがかかっています。そんな現地の人たちや訪れる観光客の皆さんに私は、瞑想や呼吸を通して今この瞬間を生きることの大切さを広めていけたらと思っています」
私は島に住んでいる人たちは健康な生活を送ることについて関心がありますかと聞きました。すると先生は、「私は多くの人がそれほど健康に気をつけて生活をしているとは感じませんが、この島の環境には自然と健康に生きるための手助けをしてくれていると思っています。この島はたくさんの自然があります。太陽が降り注ぎ、ビーチに囲まれた環境の中で、人々は自然に泳ぎを覚え、自然との触れ合うことで多くのことを学びます。また、島ではたくさんの野菜を栽培し、新鮮な魚介類も取れるので、毎日早朝に市場へ行き漁師から直に魚を仕入れることができます。ローカルな食材に囲まれていることはとても幸せなことだと思います。」

太陽が落ちて、星空が見えだす頃まで私たちは会話を続けました。夜の町並みは、青い空とのコントラストが美しい昼間とは違い、月夜の光とライトアップされた建物が静けさの中に幻想的な世界を作り出しています。サントリーニ島しか体験することができない美しい景色に心を奪われながらこの島を訪れることができたことに感謝しています。

英語・中国語:Sandra Fang
日本語通訳:田代貞雄

【INDEX】

  1. A World Connected by Yoga — Vancouver
  2. A World Connected by Yoga — Taiwan
  3. A World Connected by Yoga — Myanmar
  4. A World Connected by Yoga — Bali
  5. A World Connected by Yoga — Santorini
  6. A World Connected by Yoga — Denmark

About This Column

This is a column about traveling and yoga, two of my passions. One allows me to explore the world outward, whereas the other leads me inward. Whenever I visit a new place, I’m interested in finding out the yoga scene there and the impact of yoga on the local community. Now follow me on a series of six writings to see the world through the lens of yoga.

A World Connected by Yoga — Santorini

The Beautiful Santorini

The island of Santorini in Greece may have conquered a part of your imagination before you even have the chance to see it. Think about the whitewashed and blue-domed houses on a volcanic island which slopes downward to the surrounded indigo Aegean sea in the southern Greece, it’s many people’s dream to visit this world’s most famous island.

I’m one of those people who long to see this Santorini, but I came here with one more question in my mind, “Is anyone practicing or teaching yoga on this small touristy island?”
I found Veronika, a yoga teacher who teaches regular lessons at her own hostel, Caveland. The hostel is a complex of cave houses with amazing views and small gardens. A few travellers relaxing and suntanning by the large swimming pool.
At 6:30pm as the sun goes down, at the outdoor terrace we started the practice. Veronika began the class with a quiet meditation and encouraged us to listen to all the sounds in the surroundings. The pace of her hatha flow is slow and meditative, emphasizing on the breathes and body awareness. It was a quiet time to connect with the beautiful nature of Santorini.

Her Teaching Philosophy

Originally from Slovakia, Veronika now lives on this beautiful island of Santorini with her husband and two kids. You can see the sparks in her eyes when she talks about something she enjoys doing. “I love teaching yoga to everyone, locals and travellers; young and old. I teach a slower haha and therapeutic style, because seeing the students enjoying the movements without getting injured is my first priority.”

I asked her what her message as a yoga teacher is, she gave me a wise answer, “I don’t have a message, if you have kids you’ll know. They don’t belong to you. They are unique individuals. The students are like my kids. I teach them what I know and I try to make sure they don’t fall too often. But I can not control what goes on in their minds. Everyone perceives reality their own ways.”

Giving Back to the Society

Santorini is famous for its sunset, but after the sunset comes the beautiful bright moon. I can not recall another place as beautiful in the moonlight as this island. On every full moon evening, Veronika works with another teacher on the island, Mickey, to lead a full moon class at Caveland. The class is donation based. The collected donations go to Santorini Animal Welfare Association, which is a non-governmental, non-profit organization that protects Santorini’s animals – from stray dogs and cats to abandoned donkeys and mules.
“There are many stray dogs and cats on Santorini, through yoga, we hope to help these animals to find homes in other parts of Europe.”

Her words remind me of a quote by a yogi, David Swenson, “A yogi is not someone who does certain practices or difficult asanas. A yogi is a person who makes this world better, simply being present in it. All our actions in this world create certain impulses of energy and these impulses can be either positive or negative. And each of us can ask ourselves a question, whether we make the world better by our presence.”

The Lifestyle on the Island

Santorini is blissed with breathtaking landscape. Ferries and flights bring herds of tourists here everyday for a fairytale-like vacation. How do the locals live their lives here? Do they enjoy a more laid-back lifestyle?
“They have a lot of stress too.” Veronika said, “In other parts of the world, people have weekdays and weekends. But on Santorini people have summer and winter. Since most of the local people here rely on tourism. From May to October people work everyday. July and august are the high season and people need to make money in these two months so they have enough for the winter. It’s certainly a lot of pressure. I want to encourage my students, both locals and tourists to enjoy the movements, the breaths, and the very present moment.”

“Are they conscious about their health?” I asked.

“That’s an interesting question. I don’t think they are conscious but the environment allows them to live healthily. We are closely in touch with nature, we love the sun and enjoy talking a dip in the ocean in the summer days. What’s more important, the food we eat is so fresh here. Most of the vegetables are grown locally or from the surrounded islands. You don’t see layers of plastics wrapped around vegetables or fruits. All the seafood we eat are freshly caught on the day by fishermen.” This island, a bit far from the buzzing cities, food is mainly consumed locally.

We continued our conversation until the sky got completely dark. Not far from the Caveland in the main town of Fira, lights start to brighten up, giving this island serenity and calmness. I’m grateful for all the inspirations I’ve received from this island, its amazing architectures, down-to-earth people, and the mediterranean nature.

【專欄目錄】

  1. 透過瑜伽看世界 ~ 溫哥華
  2. 透過瑜伽看世界 ~ 台灣
  3. 透過瑜伽看世界 ~ 緬甸
  4. 透過瑜伽看世界 ~ 峇里島
  5. 透過瑜伽看世界 ~ 聖托里尼島
  6. 透過瑜伽看世界 ~ 丹麥

關於專欄

這是一個關於旅行和瑜伽的專欄,我的兩大熱忱。 前者引導我出去看外面的世界,後者讓我探索內心。每當我走到一個新的地方,我總是希望多了解當地的瑜伽發展,想要知道瑜伽對那裡生活的人們有什麼影響。我邀請大家跟著我,透過瑜伽的鏡頭去看世界。

透過瑜伽看世界 ~ 聖特里尼島

美麗的聖特里尼

即使你從來沒有去過,但也許在你的腦海中可以想像希臘著名的度假聖地聖特里尼的島嶼美景。一間間白牆藍頂的房子蓋在坡上,放眼下去就是無邊藍色的愛琴海。這個島嶼是很多人嚮往的地方。我和其他很多人一樣想親自來這邊走一走。但這次來訪還有另一個目的,就是想知道當地人有練習瑜珈的嗎?

我從網上搜索到了Veronika,一位當地的瑜珈老師。她和丈夫來了一間青年旅社,Caveland。她也在這裏教課。

傍晚6:30分,太陽正在下山。在Caveland露天陽台上我們跟Veronika上了一堂課。她帶領我們進入到冥想,讓我們聽聽周圍自然的聲音。她教的瑜珈節奏是緩慢舒服的,著重於呼吸和身體的感覺。這寧靜的時間讓我們於自然和自己對話。

8點鐘我們結束了課程。日落的天空染成了玫瑰紅,與藍色的愛琴海構成畫一般的景色。我們隨地而坐,開始了關於瑜珈的交談。

Veronika 的瑜珈教學

Veronika出生,生長於斯洛伐克。現在和丈夫還有兩個孩子住在聖特里尼島上。交談中,我可以看到她對瑜珈的熱忱。“我喜歡教不同人瑜珈。本地人或者遊客。老年人或者是年輕人。我教的瑜珈是比較慢的療癒瑜珈。因為對我來說,學生們不受傷地,享受自己的身體是我最想看到的。

我問她當瑜珈老師最想傳達給學生的信息是什麼,她給了我一個非常智慧的回答,“我沒有一個特別的信息。如果你有孩子,你會知道,他們不屬於你。他們是獨特的個體。我的學生就像是我的孩子一樣。我教他們我所知道的。我幫助他們不跌倒太多。但我不能控制他們想些什麼。每個人對現實的理解都不一樣。

回報社會

聖多里尼島以它的日落聞名。日落之後從愛琴海上升起的月光也是非常動人的景色。在每個月圓的晚上,Veronika和另外一名住在島上的瑜珈老師共同開了一堂月圓瑜珈課。課程是完全自由的捐款制度,籌款會捐給聖托里尼的動物福利協會。

“在這島上有很多無家可歸的貓貓狗狗。通過瑜珈,我們希望以籌款的方式為它們在歐洲其他地方找到收留它們的主人。”

Veronika的話讓我想起著名瑜珈老師David Swenson說過的話,“瑜伽者不是那些能過把所有難度高的動作做起來的人,瑜伽者是那些努力把我們的世界變得更美好的人。”

島上人們的生活方式

聖多里尼島擁有無敵的美景。每一天,飛機輪船把大批的遊客帶到這裏過幾天童話般的生活。那當地人是如何過日子的呢?他們也很放鬆的享受生活嗎?

“他們也有相當大的壓力。”Veronika說,“在世界的其他地方,人們有工作日和週末。但島上的人們只有旺季和淡季。因為這裏的大多數人靠旅遊業生活。5月到9月他們每天工作,特別是七八月是旺季。人們必須在短短的兩個月賺夠足夠的錢過冬。這真的是很大的壓力。通過瑜珈,我希望能幫助我的學生,本地人和遊客,盡情的享受每一個呼吸,每一個動作,和生命中的每一瞬間。”

“本地人會比較注重健康嗎?”我問。

“我並不認為他們比較注重健康,但是這裏的環境讓他們過著相對於健康的生活。比如說,我們跟大自然有緊密的關係。我們喜歡陽光和海水。我們吃的食物都非常的新鮮!幾乎所有都蔬菜水果都是在這島上或者是周圍的島上種的。而且你不會看到塑膠袋綁著蔬菜水果。還有我們吃的魚,都是當天漁民新鮮打撈回來的。”可見這個小島,離喧鬧的城市有一段距離,食物大多都是本地產的。

我們交談直到天黑。Fira鎮中心的燈已經開始亮起來。島上看起來更加寧靜。對這座島嶼我心存感激,感謝這裏的美景,自然,建築,和腳踏實地的人們。