ヨガで繋がる世界 ~ ミャンマー

【コラムINDEX】

  1. ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー
  2. ヨガで繋がる世界 ~ 台湾
  3. ヨガで繋がる世界 ~ ミャンマー
  4. ヨガで繋がる世界 ~ バリ
  5. ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ
  6. ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク

このコラムについて

旅とヨガ、私の愛するこの2つがテーマです。ひとつは外側に広がる世界を探求するもの、そしてもうひとつは私を内側へと誘うもの。新たな地を訪れたら、その地でのヨガシーンと、ヨガが与えるコミュニティへの影響に私は興味が湧きます。ヨガというレンズを通して見る世界の6つのストーリーを、どうぞご一緒に。

ヨガで繋がる世界 ~ ミャンマー

ミャンマーは私が10代の頃から訪れたかった国で、それはアウン・サン・スーチー女史の著書であの混乱した政治情勢について読んで以来のことでした。その私の夢は2015年の世界旅行で叶うことになります。

約50年間もの間、ミャンマーは軍事政権の圧政の下にありました。2011年以降、ミャンマーは「民主化へのロードマップ」を推し進め、アウン・サン・スーチー女史は15年に及ぶ自宅軟禁から解放されました。外資が参入し、規制が解除され、日本の中古車が通りを埋めました。もはや20年前に私が本で読んだミャンマーとは別の国です。私の見た新しいミャンマーは、輝く未来への希望と可能性に満ちていました。

ミャンマーの首都であるヤンゴンのマハバンドゥーラ公園にて、ミャンマー人のグループにヨガを教える機会がありました。市の中心に位置するこの公園は、市役所の向かいにあります。毎朝、たくさんの地元の人々が朝の運動をしにここへ集まります。私がヨガを教えたこの10人ほどの地元の人々は、数ヶ月の間ここですでに練習を時々しているという人達でした。この人々の直近の先生はヨーロッパ人の旅行者で、2週間前に旅立ったところでした。現在は先生がおらず、私がコミュニティレッスンをオファーできることを喜んでくれました。全員が英語を理解できるわけではありませんでしたが、レッスンの後でいかに喜んでくれたかを目にするのはプライスレスでした。

このマハバンドゥーラ公園は、歴史的・政治的に重要な場所です。2007年、軍事政権に対し、仏教の僧侶を含む数千人の地元民による抗議がここで行われました。平和的デモは軍事政権により弾圧され、多くの怪我人と逮捕者が出ました。それとは対照的に、現在は家族連れや友達同士で出かけられるリラックスできる場所です。ミャンマーの人々は平和と民主主義を探し求めて長い道を来ました。より多くの自由を享受できるようになったのは最近のことです。ヨガの練習はミャンマーではまだ一般的ではありません。私が指導した時、この人々の体が開いてゆき、満たされた笑顔が広がっていくのを見て私の心は喜びに満ちました。これがあるからヨガティーチャーとしての私の仕事は意味深くなるのです。ヨガは文化の境界を超え、肉体を癒し、マインドからはストレスとトラウマを解消すると私は信じるのです。

世界旅行を終え、現代社会におけるヨガの練習は、社会の安定性と和平の反映であると私は強く感じます。国家が安定している時のみ、国民は食べ物や安全の心配をすることがなくなり、そうしてヨガのような余暇的活動が可能になるのです。社会の安定性と和平は幸せの礎です。しかしその一方で、このハイペースな現代社会は私たちのバランスを突き崩し、真の幸せと平和は自分自身の内にしか見い出し得ないと多くの人が気づき始めています。それゆえ現代社会においてヨガがますます人気となっているのです。ヨガプラクティスの波はインドの外、アメリカから始まりました。それはアジアへと広がり、上海、香港、バンコクといった都市に及んでいます。ホワイトカラーの労働者層は、収入を得ることよりも自身の健康や幸福感に興味を示しています。ヨガ哲学は、親切さ、誠実さ、そして統合の練習に根ざしています。それは私たちに、スローダウンし、自らの価値と人生の目的を見直すよう思いを及ばせます。

ミャンマーは紛れもなく、これまで訪れた国の中でももっとも記憶に残る国のうちの一つです。この国の人々と出会い、時間を共にすることは、この国土の真に黄金なるところを称える最高の方法です。私の次のコラムはバリについてです、乞うご期待!

(「黄金なる」について:ミャンマーに無数にある黄金の仏塔から、金色というのは多くの人がミャンマーをイメージする色です。)

英語・中国語:Sandra Fang
日本語通訳:本田紀子

【INDEX】

  1. A World Connected by Yoga — Vancouver
  2. A World Connected by Yoga — Taiwan
  3. A World Connected by Yoga — Myanmar
  4. A World Connected by Yoga — Bali
  5. A World Connected by Yoga — Santorini
  6. A World Connected by Yoga — Denmark

About This Column

This is a column about traveling and yoga, two of my passions. One allows me to explore the world outward, whereas the other leads me inward. Whenever I visit a new place, I’m interested in finding out the yoga scene there and the impact of yoga on the local community. Now follow me on a series of six writings to see the world through the lens of yoga.

A World Connected by Yoga — Myanmar

Myanmar was a country that I had longed to visit since I was a teenager, when I read a lot about its tumultuous political situation in Aung San Suu Kyi’s books. My dream was finally realised when I went on a world trip in 2015.

For about five decades, Myanmar had been under the rule of an oppressive military junta. Since 2011, Myanmar been striving to move forward on its “Roadmap to Democracy”. Aung San Suu Kyi was released from house arrest for 15 years. Foreign investments had poured in, Sanctions had been dropped, Japanese second-hand cars filled every street. The country was no longer the Myanmar I read about 20 years ago. The new Myanmar I saw was filled with hope and possibilities for a bright future.

I had a chance to teach a yoga lesson to a group of Burmese people at Maha Bandula Park in Yangon, the capital city of Myanmar. This park is located in the city centre, right across the city hall. Every morning, throngs of local people gather here to do their morning exercise. This group of about 10 local people I taught yoga to, had been practicing here on and off for a few months already. I heard that their last teacher was an European traveler, who had just left a couple of weeks ago. So without a teacher now, they were excited that I could offer them a community lesson. Even though not everyone could understand English, it was priceless to see how happy they were after the lesson.

This place, Maha Bandula park, has its historical and political significance. In 2007, protests against the military junta led by thousands of locals including Buddhist monks were taken place here. The peaceful demonstrations were met with a crackdown by the military Junta, resulting in many injured and arrested. In contrast, now it’s a relaxing place for families and friends to hangout. Burmese people have gone a long way in search of peace and democracy. It’s not until recently that they have the luxury to enjoy more freedom. The yoga practice is not popular in Myanmar yet. When I taught them, my heart was filled with joy seeing their bodies opening and their satisfied smiles. This is what makes my work as a yoga teacher meaningful. I believe that yoga transcends cultural boundaries and it has the power to heal the physical body and to relieve stress and trauma from the mind.

After my world trip, I strongly feel that the yoga practice in the modern world is a reflection of the society’s stability and peace. Only when the country is stable, can people let go of their worries about food and safety, leisure activities like yoga is then possible. Stability and peace of a society is the foundation of happiness. But on the other hand, the fast-paced modern world knocks us out of balance and many people start to aware that true happiness and peace can only be found within ourselves. That’s why yoga is becoming increasing popular in the modern world. This wave of yoga practice first started outside of India in the U.S. It’s been spreading to Asia and hitting the cities like Shanghai, HongKong, and Bangkok. The white collar workforce are more concerned about their health and well-being than filling their wallets. The yoga philosophy is rooted in the practice of kindness, honesty, and unity. It reminds us to slow down and to reassess our values and very purpose in life.

Myanmar is for sure one of the most memorable countries I’ve been so far. Meeting and sharing time with the people here is the best way to appreciate what’s truly golden about this land. My next column will be about Bali, stay tuned!

(Note about “golden”: The golden color is many people’s image of Myanmar because of its countless golden pagodas.)

【專欄目錄】

  1. 透過瑜伽看世界 ~ 溫哥華
  2. 透過瑜伽看世界 ~ 台灣
  3. 透過瑜伽看世界 ~ 緬甸
  4. 透過瑜伽看世界 ~ 峇里島
  5. 透過瑜伽看世界 ~ 聖托里尼島
  6. 透過瑜伽看世界 ~ 丹麥

關於專欄

這是一個關於旅行和瑜伽的專欄,我的兩大熱忱。 前者引導我出去看外面的世界,後者讓我探索內心。每當我走到一個新的地方,我總是希望多了解當地的瑜伽發展,想要知道瑜伽對那裡生活的人們有什麼影響。我邀請大家跟著我,透過瑜伽的鏡頭去看世界。

透過瑜伽看世界 ~ 緬甸

記得上中學的時候就很喜歡看翁山蘇姬的書,看到她所寫的緬甸動亂的政治,一直很想去親眼走走看看。終於到了2015,才有機會實現願望。

緬甸在軍政府的統治下長達大概50年。自從2011年開始,緬甸開始民主改革。軍政府釋放被軟禁超過15年的翁山蘇姬,外資湧入,審查制度放松,在街上到處可見日本進口的二手車。緬甸不再是我二十年前書中讀到的緬甸,我看到的緬甸充滿著希望和無限的可能。

我有機會在位於緬甸首都仰光市中心市政府對面的摩訶班都拉公園給當地人上了一堂瑜珈課。每天一大早,當地人會來到這邊做晨運。上我課的那十幾位學生,有幾個月的瑜珈練習經驗。聽所他們的上一位老師是一個歐洲的旅行者,兩個禮拜前離開了緬甸繼續他的旅程。老師走了,他們好開心我可以來教一堂課。雖然能聽懂英文的不多,但看到他們練完瑜珈後開心的表情讓我很滿足。

摩訶班都拉公園有它歷史和政治的重要性。2007年,由包括佛教僧侶的當地人帶領的反軍政府袈裟革命在這裡進行,一開始和平的示威被軍政府鎮壓,很多人受傷被逮捕。而在今天,這是一個可以和家人,朋友來放鬆的地方。緬甸人民在和平和民主的道路上堅持了很久,在最近才開始享受更多自由。瑜珈在緬甸還沒有很普及。當我看到他們做瑜珈時身體展開和滿足的笑容時,更確定我作為一位瑜珈老師的意義。我深信瑜珈超越文化,可以療癒身體,釋放精神上的壓力和創傷。

世界旅遊之後,我發現現代的瑜珈練習反應了社會的安定與和平。只有當國家安定,人們不需要去擔心溫飽和安全,瑜珈之類的余暇活动才有了可能。社會的安定與和平是幸福的基礎,但快速節奏的世界打破了我們生活平衡的重心,更多人意識到了真正的快樂與和平只有在心中才能找到。在繁華大城市的白領階級開始關心自己的健康和心靈的滿足多過填滿錢包。瑜珈讓我們慢下來,從新審視自己的價值觀和生命的意義。

緬甸絕對是我所去到過記憶最深的國家之一。了解當地人是體會這個國家美麗所在的最好方式。我下一個專欄是峇里島,敬請期待!