ヨガで繋がる世界 ~ 台湾

【コラムINDEX】

  1. ヨガで繋がる世界 ~ バンクーバー
  2. ヨガで繋がる世界 ~ 台湾
  3. ヨガで繋がる世界 ~ ミャンマー
  4. ヨガで繋がる世界 ~ バリ
  5. ヨガで繋がる世界 ~ サントリーニ
  6. ヨガで繋がる世界 ~ デンマーク (2017年10月掲載予定)

このコラムについて

旅とヨガ、私の愛するこの2つがテーマです。ひとつは外側に広がる世界を探求するもの、そしてもうひとつは私を内側へと誘うもの。新たな地を訪れたら、その地でのヨガシーンと、ヨガが与えるコミュニティへの影響に私は興味が湧きます。ヨガというレンズを通して見る世界の6つのストーリーを、どうぞご一緒に。

ヨガで繋がる世界 ~ 台湾

昨年12月、台湾でヨガワークショップを行う機会をいただき、喜び勇んで人生4度目の台湾に飛びました。

台湾は驚きに満ちており、現代的な風景の中に文化と宗教的慣習が色濃く残る、世にも稀な土地です。大都市のコンクリート渓谷とネオンの光に疲れたなら、1日ふつか簡単に自然の中へ逃避することができます。食べ物は美味しく、人々は親切で、文明と自然のバランスが、私を何度もこの地へ舞い戻らせるのです。

台湾を空撮した「上から見る台湾」というドキュメンタリー映画を観たことを思い出します。その映画の、息を飲むような台湾の自然が私の心を捕らえました。その一方で、人間の欲と急速な産業化の結果として生じた汚染と環境破壊も、映画の中には描かれているのです。農薬の使用は、安定した収入を農家に保証する一方で、環境に長期的な悪影響をもたらし、人間の健康を損なうのです。

これは台湾だけに起きていることではなく、いま世界的に起こっていることを映し出していると思います。今回の台湾への旅は、ヨガ指導のほかに、人々が自然と調和して繁栄している「純粋な」土地を探す目的もありました。有機農業に多くの農家が力を入れる、台湾の「池上郷」のことを、私はかねてより聞きつけていたのです。

「池上郷」は台湾東岸の田舎です。最高品質の有機米の産地として知られています。台北から列車で5時間。周りに遮るものの何もないゲストハウスに宿を取り、そこでは朝目覚めてドアを開けると田んぼが広がります。朝の日の出と共に田んぼを散歩しました。山には霧がかかっています。12月、農家は収穫を終えていました。大地には稲の茎が力強く根を下ろしていました。私のようなシティガールにとって、母なる大地との繋がりを感じる貴重な経験でした。

「池上郷」は住民のほとんどが農家です。しかし昨今、ストレスフルな都市生活を離れて「池上郷」のような小都市に移り住む若者も中にはいます。私の滞在したゲストハウスの主は20歳代後半の若い男性でした。彼は初めて訪れたこの地に惚れ込み、シティライフを捨てることに決め、はるばる移住してきたのです。私が訪れたローカルな家庭的レストランのシェフもまた、台北でのフレンチレストランの職を辞し、妻と3人の小さな娘と共に移り住んできました。「台北では毎晩11時まで仕事で、家族で過ごす時間はほとんどありませんでした。他人の食事は作るけれど、自分の家族に料理をする時間は無かったんです」と彼は言います。彼は「池上郷」に落ち着き、自宅をレストランとして解放し、旅人に夕食を供します。彼の妻と2人の娘が給仕をしてくれ、彼は各料理の作り方や地元の新鮮な原材料の味覚を堪能する術を熱心に説明しました。

「池上郷」に暮らす人々には、ある共通点があります。土地との結びつきが強いのです。私が話を聞いた農家は言います。「有機農業は簡単ではありません、コストは高いし収穫量は低い。しかし長期的には、環境にも私たちの健康にも賢明なことであると我々は信じています。何世代にも渡って私たちを育んでくれた大地を、ちゃんと遇したいのです」と。

この言葉に、映画「上から見る台湾」のセリフを思い出しました。「私たちが大地を親切に遇するときだけ、大地も私たちの子や孫を長きに渡り親切に遇してくれるでしょう。私たちは皆この惑星の単なる訪問者なのです」。

ヨガは意識的に生きることを私たちに教えてくれます。消費者として、私たちには選択肢があります。私たちは、利益よりも人間と環境を大切にしているビジネスを選んでサポートすることができます。

「池上郷」の大地とそこで出会った人々に多くの感謝を抱きながら、私は台中へ移動しそこでワークショップを行いました。新しくできた「Next Yoga Shop & Studio」は、台中市初のヨガウェア専門店です。インヤンヨガウェアを販売する台湾初のショップであり、今や台湾の人々はオーガニックコットン衣料の選択肢が1つ増えたことになります。

英語・中国語:Sandra Fang
日本語通訳:本田紀子

【INDEX】

  1. A World Connected by Yoga — Vancouver
  2. A World Connected by Yoga — Taiwan
  3. A World Connected by Yoga — Myanmar
  4. A World Connected by Yoga — Bali
  5. A World Connected by Yoga — Santorini
  6. A World Connected by Yoga — Denmark

About this column

This is a column about traveling and yoga, two of my passions. One allows me to explore the world outward, whereas the other leads me inward. Whenever I visit a new place, I’m interested in finding out the yoga scene there and the impact of yoga on the local community. Now follow me on a series of six writings to see the world through the lens of yoga.

A World Connected by Yoga — Taiwan

Last year in December, I was offered to teach a yoga workshop in Taiwan, so I delightfully jumped at the chance and went there for the forth time in my life.

Taiwan is full of surprises, it is one of the few places in the world where cultural and religious practices still stand strong in a modern landscape. If you’re tired of the concrete canyons and neon lights of the big cities, you can easily escape to the nature for a day or two. The delicious food, the friendly people, and the balance of culture and nature are what keep me coming back again and again.

I remember watching a Taiwanese documentary film “Beyond Beauty – Taiwan From Above”, which documents Taiwan in aerial photography. In the film, the breathtaking natural scenery of Taiwan captured my heart. On the other hand, the film also shows the pollution and the damages being done to the environment as a result of human greed and rapid industrialization. Even though the use of chemical pesticides in agriculture has ensured stable incomes for the farmers, it has serious long term side effects to the environment and negative impact on our health.

I’m sure this is not just happening in Taiwan, but a reflection of what’s happening around the world. My purpose of this trip to Taiwan, apart from teaching yoga, is to find a “pure” land where the people strive to live in harmony with the nature. I have long heard of a town called “Chihshang” in Taiwan, where many farmers put the efforts into practicing organic farming.

Chihshang is a rural township on the east coast of Taiwan. It’s known for its top quality organic rice production. The train took me there in 5 hours from Taipei. I chose to stay at a guesthouse in the middle of nowhere, where I could just wake up and see a stretch of rice fields when I opened the door. I took a stroll in the rice fields as the sun came out in the morning, the fog lingered on around the mountains. In December, the farmers had already done their harvest. The land showed the stems of the rice plants, strongly grounded down to the soil. To a city girl like me, it was a precious experience to feel the connection with the mother earth.

Most of the people living in Chihshang are farmers. But recently some Taiwanese young people are moving away from the stressful city life to smaller towns like Chihshang. Like the manager at my guesthouse was a young man in his late 20s. He decided to give up his city life and moved all the way here after falling in love with this place at his first visit. And the chef at a local home restaurant I went to, he quit his job at a French restaurant in Taipei and moved to Chihshang with his wife and 3 young daughters. He told us, “In Taipei, I worked until 11pm everyday, I rarely had time to spend with my family. I cooked for people everyday, but I didn’t have time to cook for my own family.” He settled down in Chihshang, opened his home as a restaurant, and welcomed tourists over for dinner. He passionately explained how to make each dish and how to savour the flavours of the local fresh ingredients, while his wife and two daughters served us.

All of these people living in Chihshang have something in common. They have developed a strong bond with this land. I talked to a local farmer, he told me, “organic farming isn’t easy, the cost is higher and the profit is low. But we believe that it’s a wise thing to do in a long term, both for the environment and for our own health. This land has nourished us for many generations, we want treat it nicely.”

His words reminded me of a line from the film, Beyond Beauty – Taiwan From Above, “Only if we treat our lands kindly, will the lands treat our children and grandchildren kindly in many years to come. We are all just visitors on this planet.”

Yoga teaches us to live life in a conscious way. We all have choices as consumers. We can choose to support businesses that put people and the environment before profits.

With a lot of gratitude to the land and the people I met in Chihshang, I then traveled to Taichung, where I taught a yoga workshop. The newly opened studio, Next Yoga Shop & Studio, is the first specialised yoga wear shop in Taichung city. It is the first shop in Taiwan that carries Yin Yang yoga wear, and now people living in Taiwan have one more choice of organic cotton clothes.

【專欄目錄】

  1. 透過瑜伽看世界 ~ 溫哥華
  2. 透過瑜伽看世界 ~ 台灣
  3. 透過瑜伽看世界 ~ 緬甸
  4. 透過瑜伽看世界 ~ 峇里島
  5. 透過瑜伽看世界 ~ 聖托里尼島
  6. 透過瑜伽看世界 ~ 丹麥

關於專欄

這是一個關於旅行和瑜伽的專欄,我的兩大熱忱。 前者引導我出去看外面的世界,後者讓我探索內心。每當我走到一個新的地方,我總是希望多了解當地的瑜伽發展,想要知道瑜伽對那裡生活的人們有什麼影響。我邀請大家跟著我,透過瑜伽的鏡頭去看世界。

透過瑜伽看世界 ~ 台灣

去年12月,我有機會去台灣教一堂瑜伽的工作坊。這是我第四次去台灣。

旅行台灣總是給我很多的驚喜。這是一個世界上少有的經濟繁榮,而且保留著濃厚的文化和宗教的地方。如果你厭倦了城市的鋼筋水泥,你可以很容易的花上一兩天時間到自然界的懷抱去放鬆自己。美食,有好的台灣人,文化和自然的平衡總是把我一次又一次的帶到台灣。

我記得看過齊柏林導演的紀錄片《看見台灣》,以高空紀錄了台灣的景觀。在影片中,我看到了台灣島嶼美麗的自然風景,同時,也看到了由於過度的開發和人類的貪婪,造成對環境的破壞。在農田過度使用化學農藥,給環境和人們的身體帶來了負面的影響。

我相信這不僅僅是台灣的問題,這只是世界的一個縮影。這次到台灣,除了瑜伽課,另外一個目的是尋找一片“淨土”,一片人與自然的淨土和諧共存的淨土。很早前就聽所過池上這個地方。聽說這裏的很多農民堅持有機種植稻米。

池上鄉位於台灣的東岸,以它好吃的有機米聞名。從台北到池上大概坐火車5個小時。我選了一個比較偏僻的民宿,早上起床一開門就可以看到無邊境的稻田。太陽剛出來我在農田裡散步,遠方霧水纏繞在山中。十二月,農民已經收割了,剩下稻田的梗深深地紮在土壤中。對於住慣城市的我來說,真是一個可以和土地親近的體驗。

住在池上的人大多是農民。但近幾年也有不少的台灣年輕人離開壓力大的都市,來到小鄉鎮生活。像是在我民宿的管家,不到三十歲,第一次來到池上時就喜歡上這裏,放棄了都市的工作來到這裡生活。還有當地的一位廚師,辭了在台北法國料理餐館的工作,帶著太太和三個小女兒來到了這裏。他說,“我在台北時,每天工作到晚上11點,很少有時間陪家人。我每天煮好吃的法國料理給客人,從沒有時間煮給自己愛的家人。” 他們搬到池上後,打開自家門做餐廳,讓遊客來家裡吃晚飯。好吃又不貴。他滔滔不絕的給客人講解每一道用當地新鮮食材做的菜,怎麼品嚐。他的妻子和女兒在一旁幫忙。

這些住在池上的人都有一個共通點,他們都熱愛著這片土地。一位當地的農民告訴我,“有機耕種太不容易。成本高利潤低。但是我們相信這個一個明智的選擇。這片土地養育了我們幾代人,我們要善對它。”

他的話讓我想起《看見台灣》的一段話,“唯有善意的呵護土地,土地才會呵護我們未來的子子孫孫。我們只是短暫的停留,我們只是過客。”

瑜伽教會了我們正念而有意識的生活。作為消費者我們可以選擇把人和環保放在利益前面的企業。

滿懷對池上人和土地的感謝,我來到了台中上一堂瑜伽工作坊。這家剛開業的瑜伽館 Next Yoga Shop & Studio 是台中第一個瑜伽服裝專賣店。也是在台灣唯一可以買到Yin Yang瑜珈服的店鋪。住在台灣的人們又多了一項有機棉服的選擇了。