真の価値観を見つける旅

はじめまして、Yin Yangアンバサダーをさせていただくことになりましたサンドラです。
どうぞよろしくお願いします。

私は、カナダ・バンクーバー出身の中国系カナダ人です。大学を卒業し世間知らずだった私が来日をしてから、7年以上が経っています。

ヨガ指導者として自分の若い頃を思い返すと、いま自分が好きなことをしていられることに感謝でいっぱいです。

YinYang アンバサダー サンドラ・ファン

バンクーバーをあまりご存知ない方のために申し添えると、バンクーバーは人口の半数以上が有色人種という多文化都市です。マイノリティ・グループの中でも、中国系カナダ人の人口はその3分の1を占めます。私はその多文化社会の、多言語家族の中に育ちました。英語・中国語・広東語・ベトナム語を毎日操る暮らしです。クラスメイトの肌の色は様々で、その出自も世界中に広がっていました。

多言語を誇らしく使い分ける子供であったかのように私のことを想像されるかもしれませんが、実際のところは自分のアイデンティティが混乱することがよくありました。メインストリームの社会にフィットしようとする自分がいる一方で、中国系であることを受け継いでいこうとする自分もいました。

新天地を求めて異国に移り住んだ他の移民系家族と同じように、私は家族からの高い期待を受けて育ちました。刻苦勉励し、一流の大学に入り、経営か医学を専攻し、高給取りになり、家を建て、理想の家族を手に入れ、カリブ海の優雅な島々か歴史豊かな街並みが続くヨーロッパへ少なくとも年2回は休暇に出かける。これが私の家族が描く成功と幸せの定義であるわけです。

心の奥深く、私は周囲の期待に応えて生きることに抵抗しました。人生とは、物質や快適さを追求する以上のものであるはずだと信じて。

私は、故郷を離れて自分自身の眼で世界を見たいという衝動を感じました。大学3年生を終え、21歳で私は大学を8ヶ月間休学し、世界一人旅に出ました。自分の快適なカナダでの生活を一旦離れて、他の人たちがいかに生きているのか、そして自分の真の価値観を見出したくて。

YinYang アンバサダー サンドラ・ファン

旅を終えてみると、私の人生は一変していました。自分なりの生き方を選ぶにおいて私の勇気は増していました、それが私の本当に愛する人たちを失望させるとしても。

また、この旅の後からでした、私がヨガを練習し始めたのは。

大学卒業後、極めて幸運な機会を手にした私は、JETプログラムの外国語指導助手として来日し、大阪のとある高校で英語を教えることになりました。この仕事はとても楽しかったのですが、いつかヨガをフルタイムで指導したいという自分の内なる声も聞こえていました。

いま私はここで、周囲の意見というノイズによって私の内なる声を掻き消すことなく自分の心の声を聞き、ひとつひとつ自分のために下してきた全ての決断に感謝しています。

今年のYin Yangアンバサダーの一人に選んでいただいてとても光栄です。この数年愛用してきたブランドですし、天然染料のカラーやオーガニックコットンの肌触りが大好きなヨガウェアです。それ以上に、私はこのブランドコンセプトを愛しています。自分の心と情熱の導きに従う勇気、私が真の道を見出す勇気がどんな時でも持てますように。

「何を着るか選ぶことは、生き方を選ぶこと。
自らの手で生き方を選ぶことができる芯のある女性たちへ。
それがYinYangのヨガウェアです。」 — Yin Yang

英語・中国語:Sandra Fang
日本語通訳:本田紀子

The Journey to Finding My True Values

I’m Chinese Canadian from Vancouver, Canada. It’s been more than seven years since I first landed in Japan fresh and naive after my university graduation.

As a yoga teacher looking back at my youth, I have so much gratitude for being able to do what I love right now.

YinYang アンバサダー サンドラ・ファン

For those who don’t know much about Vancouver, it’s a multicultural city with more than half of its population being non-caucasian. Within its minority groups, the Chinese Canadians take up one third of its whole population. I was raised in a multicultural society and multilingual family. I juggle between English, Mandarin, Cantonese, and Vietnamese everyday. My classmates had different skin colours and were from all parts of the world.

You might think that I must have been a very proud multilingual kid, but the reality was that I often struggled with my own identity. A part of me trying to fit into the mainstream society, while another part of me striving to maintain my Chinese heritage.

Like other immigrant families, who moved across the globe to settle in a new nation for a better life, my family had high expectations of me. I was supposed to study hard, enter a top-notched university, major in either business or medicine, get a top salary career, buy my own house, finally settle down, and take vacations to the romantic Caribbean islands or the historical Europe at least twice a year. That’s my family’s definition of success and happiness.

Deep inside my heart, I resist to live my life to others’ expectations. I believed that life is more than pursuing materials and comfort.

I felt the urge to leave home and to see the world with my own eyes. After 3rd year of my university, at the age of 21, I took an eight-month-break from school to travel around the world alone. I wanted to get out of my own comfort zone, to see how other people live their lives, and to find my true values.

YinYang アンバサダー サンドラ・ファン

My life had never been the same after the trip. I became more courageous to choose my own way of living, even though it means to disappoint the people I truly love.

It was also after this trip, that I started my yoga practice.

After my university graduation, I got an extremely lucky opportunity to come to Japan on the JET programme as an assistant language teacher to teach English at a high school in Osaka. I enjoyed my job a lot, but I had a calling that one day I would like to teach yoga full time.

Now I’m here, grateful for every single decision I’ve made along the way for myself by listening to my own heart, rather than letting the noise of others’ opinions drown out my own inner voice.

I’m very honoured to be chosen as one of the ambassadors for Yin Yang this year. I’ve been using their clothes for a few years now, loving their beautiful natural dyed colours and how their organic cotton made yoga wears come in contact with my skin. Moreover, I love their concept. I wish that I can always have the courage to follow my own heart and passion, and to find my true path.

“To choose what to wear is to choose a way of living,
for women who have the strength to choose their own lifestyle,
This is Yin Yang yoga wears.” — Yin Yang

尋找價值觀的旅途

你好!第一次寫Yin Yang 專欄。我是品牌大使 Sandra。

我是來自溫哥華的華裔加拿大人。大學畢業之後踏足日本至今,已經有7年多了。

現在每當我回顧年輕時候的自己,總會非常感激現在可以做自己喜歡的工作。

YinYang アンバサダー サンドラ・ファン

大家如果沒有去過溫哥華,可能對當地不是很清楚。溫哥華是個非常多元文化的都市,有色人種佔了一半以上。在少數族裔中,華裔佔了整個城市人口的三分之一。我便是在這樣的多元文化的社會和多種語言的家庭長大的。每天英文,中文,廣東話,越南語混著用。上學的同學來自五湖四海。

你也許覺得我是個以會說多種語言而驕傲的孩子。其實不然。我掙扎於對自己的種族認知。一方面的我努力想要融入主流社會,一方面的我爭扎著要保留自己族裔的價值觀。

像其他移民家庭,為了更好的生活而拋棄了故鄉,我家人對我有很大的期許。我應該學習成績好,上一流的大學,專攻企業經營或者醫學,找份舒服而且高薪的職業,買房買車,結婚生子,每年至少兩次去浪漫的加勒比群岛或是有濃厚文化特色的歐洲度假。這是家人對成功和幸福的定義。

從心靈的深處,我一直抵抗按照他人的期許生活。我相信,人生不僅僅是為了追求舒適與物質。

我開始有離開家用自己的雙眼去看看世界的衝動。在我21歲大學3年級後的夏天,我休學8個月去獨自旅行。我要走出舒適的生活圈子,踏上從未走過的國度,看看那裡的人們如何過日子,去尋找自我的價值觀。

YinYang アンバサダー サンドラ・ファン

旅途後的我變得更有勇氣去追求我想要的生活方式。即使這樣的選擇會讓最親的人失望。

也是在旅途之後,我開始練習瑜伽。

大學畢業以後,我很幸運的加入了JET Programme,成為一名外國語指導助手來到日本大阪在高中教英文。

現在的我,很感謝當年年輕的自己做的每一個選擇,沒有盲目的聽從他人,而是忠於內心最深處的聲音。

非常榮幸可以成為今年Yin Yang品牌大使的其中一名。這幾年特別鍾愛Yin Yang瑜珈服。喜歡它植物染的美麗色彩,也喜歡它有機棉布料與肌膚觸碰的柔嫩觸感。我最喜歡的還是Yin Yang的理念。我希望自己一直都有勇氣去跟從自己內心的熱忱,走自己的路。

“選擇服飾,就是選擇自己的生活方式。
精心做給有勇氣選者自己生活方式的女性們,
這便是Yin Yang瑜珈服。” — Yin Yang