年末をマインドフルネスに過ごす!陰ヨガのススメ ~ 児玉美保

YinYang アンバサダー
児玉美保
Miho Kodama
yoga spot『zuci yoga(シュチ ヨガ)』主宰
国際ホリスティックセラピー協会認定 1 級ヨガインストラクター
ヨガニードラセラピスト
鎌倉アロマ認定 アロマヨガインストラクター
一般社団法人 日本プロカウンセリング協会認定 2 級心理カウンセラー
UTL 認定トラウマ・アプローチ・ヨガ指導者養成講座修了

「大掃除の順番を考えて、年賀状の準備、あ、おせちも予約しなきゃ…」
と、頭がフル回転する年末。皆さん、イライラしていませんか?!
そんな時にオススメしたいのが、『陰ヨガ』です!

実は秋に陰ヨガの指導者資格を取りました。
陰ヨガは、一つのアサナを3~7分ホールドし、固着しやすい部位を伸ばします。
(決して我慢や忍耐力を養っているわけではありません(笑))

一つのアサナにとどまって、繰り返される呼吸と、 “変化する感覚”を味わう。
この状態こそまさに、“マインドフルネス”!(“ご自分の意識が今この瞬間に100%向かっている状態”のこと)。
すべきことで頭がいっぱいの時には、ヨガレッスンを受けていても帰ったあとの予定を考えてしまうこと、ありませんか?
“ココロここに在らず(=マインド“レス”ネス)”の状態ですね。
すると、倦怠感を感じたり、口調が強くなったり。ミスが増えることも避けたいですよね。
せっかくの年末、笑顔が消えてしまうのは勿体無い!

まずは3分、気分転換のつもりでトライしてみましょう!

オススメは“スリーピングスワン”のポーズ。
両足を前後に開くことで、固まりがちな股関節をほぐし、折り曲げた前足を抱えるように胸の下に敷くと、安心感が味わえます。
また、頭・腕を床へ預けることで、全身が脱力できてリラックス。

一日の終わり、お風呂上りにやってみると、至福の一時が訪れますよ!
皆さんにとって、良い年末となりますように!

—————

p.s.写真は名古屋能楽堂で行った陰ヨガTTの模様。
陰ヨガ第一人者ポール・グリリー先生の愛弟子、
ジョー・バーネット先生と!!
芋けんぴがお好きな、とってもチャーミングな先生です!!