インヤンヨーロッパ初上陸!ミラノヨガフェスティバル ~ 大西枝美さん

YinYang アンバサダー
大西枝美
Emi Onishi
米国ヴェーダ研究協会認定ヨガ & アーユルヴェーダ・ウェルネス・コンサルタント
インド政府公認ヨガインストラクター
OJAS – Yoga & Ayurveda 主宰

今年で10年目を迎えるミラノヨガフェスティバル、記念すべき10周年に今年はインヤンが出店しました。
パリやロンドンに次いで、ヨーロッパのファッションの中心地でもあるミラノで開催されるヨガフェスティバル。
会場のSuper Studio Più(スーパー・ストゥディオ・ピュウ)では常時ファッション関係の展示会が行われており、会場周辺には御洒落なお店が沢山並んでいます。
初めてのヨーロッパ進出、正直どんな反応を示してもらえるのか全く予想がつかないままに当日を迎えました。


(ヨガフェスティバル受付)

10周年を記念して海外からも著名講師が沢山来られていました。
その中でも特に注目を集めていたのは、ニューヨーク出身の ”レスリー・カミノフ”
T.K.V. デシカチャーの伝統に感銘を受けたヨガ教育者であり、ヨガと呼吸に関する解剖学の分野で34年間の経験を持ち、世界中でその名が知られています。
レスリーの著書(エイミー・マシューズ共著)である「Yoga Anatomy」(邦題 : 最強のヨガレッスン)は、日本でもヨガインストラクターにはお馴染みの本ですね。


(ミラノ周辺のヨガスタジオによるフリークラスは3日間に渡り30本以上も行われた)

クールなミラノの街の感じから、京都ラインのウェアーを好まれる方が多いのかと思っていたのですが、
以外にもバリラインのカラフルでハッピーなウェアーが大人気でした。
日本ならではの上質さと繊細さを持ち、イタリアではとても珍しい草木染めで作られているインヤンのウェアーに皆さん興味津々の様子でした。

(ジュリアのアイデアでこんなに素敵なインヤンのブースが出来上がりました。) 

大切なメッセージが篭ったインヤンのヨガウェアー、その思いは確実にヨーロッパにも届いたようです。

これからもとびきり美しいものを通して、一瞬一瞬を愛に生きていくことができますように。