内観療法 〜 古澤麻美さん

YinYang アンバサダー
古澤麻美さん
古澤麻美
Mami Furusawa
全米ヨガアライアンス認定講師(E-RYT200)
インド中央政府公認ヨーガインストラクター

先日内観療法に行ってきました。
内観療法とは、自己理解を高めるために行う集中修業です。
(ヨガですとシュラバナ(聴聞)、マナナ(熟考)を使った伝統的瞑想法)

いままで経験した過去の出来事を
”して頂いた事” ”お返し出来た事” ”ご迷惑をかけた事”
この3つをだれといつの時にと自分の記憶をたどってみていく方法です。
例えば、物心ついてから小学校に入るまでの ”母親に対する自分” という課題で一時間その事について思い出し、考え、集中して坐ります。

心静かになると今まで忘れていた出来事が思い出され、その時になぜそうおもったのかと自分を見る事で、自分が言葉に出していることや行動が見えて来たりするんです。

自分の記憶ですから、 ”事実” を受け入れ見ていく。
内観しているときに過去の自分と今の自分を両方みれるんです。
わたしにとってここが内観療法のとても魅力的で面白いところでした。

記憶、思想でいま起こっていない事で心臓がばくばくして呼吸がはやくなっていったり、呼吸を静かに制御(コントロール)しているとリラックスし次々と覚えていなかった記憶がでてきたり、
常にこころと体が相関関係という事が自分の体験から感じられるんです。

内観療法の体験感想は人それぞれ違います。
それはみんな自分の内側の事なので、何を感じるか、そして体験するかはその人次第なんです。

このコラムを読んで下さる方は、
自己の理解を高め、よりナチュラルに生きている、または生きようとしている方だと思うんです。
”記憶” って自分の都合のいいように置き換えていってしまうと思うんですね。
そうすると自分の本来の姿から離れていってしまう時もあると思うんです。

過去を見て 今に生き 未来につなげる

今生きている事が当たり前ではないと言う事を理屈ではなく感じられる
内観療法体験談でした。

YinYangアンバサダー古澤麻美

よりナチュラルにあなたがあなたらしく。
よりナチュラルにわたしがわたしらしく。

生きとし生けるものが苦しみや悲しみから解放されますように。。。

Namaste

まみ