芽生えの季節で心機一転 〜 福田真理さん

YinYang アンバサダー
福田真理さん
福田真理
Mari Fukuda
アーユルヴェーダ講師、プラクティショナー、ヨガインストラクター
Academy of Ayurveda主宰

気温の変動が不安定で寒い日がまだ続いていますが、季節はもう春。芽生えの季節を迎えています。
植物が芽生え始め、陰のエネルギーが強かった冬の季節を終えて自然界の 生のエネルギーが満ち溢れてくる時期です。

自然界のエネルギーの変化は、私たちの心身の変化にも影響を与えます。代謝が高まり、心の生のエネルギーが強く現れ新しいことを始めたいという気持ちが出てきたり、心機一転頑張ろうというエネルギーが高まります。アーユルヴェーダでは、ルトゥチャリアと言って季節が替わる前後1ヶ月間かけてライフスタイルや食習慣を見直すことを勧めています。この時期に瞑想やヨガなど新たな習慣を取り入れて、心身のリセットを目指し楽しい春を過ごしたいですね。

とはいえ、この時期多くの方が悩まされる花粉症やアレルギーで、せっかくの春なのに憂鬱な気持ちになりがち。お花見シーズンでアウトドアのイベントなども増えてきますが、鼻がムズムズ、目の痒みで外に出るのが辛いと思われている方が多いのではないでしょうか。そんな症状を少しでも緩和するのに、日々の習慣として勧めている 「ジャラネティ」という鼻うがいをご紹介します。

専用のポッットで、人肌のぬるま湯とお塩少々(ティースプーン1杯くらい)を入れて、前屈みで顔を傾けてどちらかの鼻の穴から塩水を注ぎ込みます。反対側の鼻から水が出てきますが、ポットを離してカパラバティの様に鼻から息を吐くと水抜きができます。口や目から水が出て来てしまう場合は、お顔の向きが低い、もしくは高すぎるので何度か挑戦してちょうどいい顔の向きを見つけてみてくださいね。鼻に水を入れるのは痛いという先入観があると思いますが、鼻うがい中に息を吸わないことと、水の温度と塩の濃度が正しければ痛くないのです。副作用もなく、花粉症のお薬より費用も安いので一度試してみてはいかがでしょう。
YinYang アンバサダー
トップス:綿麻カシュクール#ナチュラル

ジャラネティを取り入れたことで花粉症が緩和された、もしくは完治されたという方が多くいらっしゃいます。また、免疫を高める効果もあると言われていて、ネティをするようになってから風邪を引かなくなったという方も多くいらっしゃいます。呼吸がスムーズになり、鼻の通りもクリアになるので思考もクリアになります。私もネティを朝一にする様になって早8年・・・今では歯を磨くのと同じ習慣になっているので、何処へ行っても歯ブラシと共に持参します。

ネティポットで個人的にオススメしているのはステンレス製か陶器製のもの。プラスチック製のものより少しお値段はしますが、長持ちするのと、殺菌する際、プラスチック製のものより綺麗に汚れが取れるので衛生的にもステンレスか陶器製を勧めています。個人的に長年使用しているニールズメッドのネティポットは、オハナスマイルヨガスタジオで取り扱っています(http://www.tokyo-yogawear.jp/fs/ty20/original/YGT-0040)。
YinYang アンバサダー
トップス:綿麻カシュクール#ナチュラル

こちらの商品には、専用の洗浄液もついているので、このキットだけですぐに始められます。ネティデビューをお考えの方、陶器製のネティポットをお探しの方は是非チェックしてみてくださいませ。